« 書評 林 英一著『残留兵士の群像』@「図書新聞」2023年4月15日付 | トップページ | 書評 麻生武著『6歳と3歳のおまけシール騒動』@サンデー毎日 2023年4月23日号 »

紹介記事 麻生武著『6歳と3歳のおまけシール騒動』 日本経済新聞 2023年4月8日付

麻生武著『6歳と3歳のおまけシール騒動』の紹介記事が「日本経済新聞」 2023年4月8日付 に掲載されました。掲載紙ご担当者さまに深くお礼申し上げます。


・・・・・・発達心理学者が息子2人とその友人の熱狂を丹念に観察した。記録はノート約1000頁に上るという。

 たかが子どもの遊びと侮れない。レアものを手に入れる手練手管は大人顔負けだ。手持ちのシールのキャラクターがいかに強いかでっち上げ、弁論術を駆使し相手のお宝を引き寄せる。複雑な交換を繰り返し、年下の子を混乱させる。・・・・・・


 シール騒動は「今日の消費社会の経済の構造を深く子どもたちに教えた」と著者は指摘する。彼らはどんな大人になったのだろう。

 

9784788518001

 6歳と3歳のおまけシール騒動
 贈与と交換の子ども経済学


 麻生 武 著
 出版年月日 2023/03/13
 ISBN 9784788518001
 4-6判304頁・3960円
 在庫 在庫あり

 




 

本書、「週刊文春」2023年4月13日付「文春図書館推薦」でも紹介されております。


・・・・・・Yは、「交換したくないもん!」と当初は嫌がった。所有の放棄を伴う交換=贈与を理解できなかったらしい。一方、Uは、ヘッド一枚=天使三枚などの "レート" を超え、ヘッドを交渉材料に交換を繰り返し、相手の損得判断を狂わせ、一人利ザヤを得ていた。早くも「市場経済の精神を身につけてい」たことに驚く。‥‥‥



« 書評 林 英一著『残留兵士の群像』@「図書新聞」2023年4月15日付 | トップページ | 書評 麻生武著『6歳と3歳のおまけシール騒動』@サンデー毎日 2023年4月23日号 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 書評 林 英一著『残留兵士の群像』@「図書新聞」2023年4月15日付 | トップページ | 書評 麻生武著『6歳と3歳のおまけシール騒動』@サンデー毎日 2023年4月23日号 »

検索


  • カスタム検索
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ツイッター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

タイトルのみ表示


サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想