« 2023年3月 | トップページ | 2023年5月 »

2023年4月

書評  麻生武著『6歳と3歳のおまけシール騒動』@毎日新聞2023年4月22日付

 麻生武著『6歳と3歳のおまけシール騒動』

の書評が、毎日新聞2023年4月22日付にて掲載されました。ありがとうございました。評者は渡邊十絲子先生、ご書評くださいました先生、掲載紙ご担当者様、こころよりお礼申し上げます。


……ブームになった「悪魔vs天使シール」の発売は1985年だが、この家族が住んでいた団地ではやや遅れて流行が始まり、この家族に到達したのは87年。ここから、流行が飽和するまでの約一年間と、その後ブームが消えていく数年間を克明に記録した、これは家庭内フィールドワークなのである。

 遠い国、異文化の中でのフィールドワークも魅力的だが、「ひとの家庭」も他者にとっては一種の秘境である。物理的にそこへ行くことは容易でも、メンバーになれるわけではなく、プライバシーに立ち入るのも限界がある。著者は家族ならではの観察を詳細な記録に残した。観察者は著者とその配偶者であり、観察対象はふたりの子どもとその友人たちである。……


著者は、子どもたちの言動をさまざまな角度から分析している。「私有」の概念について、「欲望」の発生について。テレビアニメの放映や直接の交友圏ではない年上の子どもたちとの交流など、外部からの影響。そして、大流行の背景にあった、昭和末期のバブル景気という社会的・歴史的な環境。緻密で重厚なフィールドワークに裏打ちされた考察は、門外漢にとっても読みごたえのある、すばらしいものだ。……




 

9784788518001

 6歳と3歳のおまけシール騒動
 贈与と交換の子ども経済学


 麻生 武 著
 出版年月日 2023/03/13
 ISBN 9784788518001
 4-6判304頁・3960円
 在庫 在庫あり

書評 麻生武著『6歳と3歳のおまけシール騒動』@サンデー毎日 2023年4月23日号

 麻生武著『6歳と3歳のおまけシール騒動』

の書評が、「サンデー毎日」2023年4月23日号、武田砂鉄氏「遠回りの読書」にてご紹介いただきました。ありがとうございました。ご書評くださいました先生、掲載誌ご担当者様、こころよりお礼申し上げます。

・・・・・・そのうち、贈与や交換を知る。親はどのように買い与えるかを悩み、子どもは親に対してどのように接すれば効率的にシールを手にできるかを企む。

そして、子どもたちは唐突に飽きる。この冷たさに記憶がある。自分の熱狂は、みんなが熱狂しているからこそ、自分の中に存在していたのだ。一気に醒める。ビックリマンシールには、そんな経済システムも濃縮されていたようなのだ。

物事が流行る時には「物語性」が必要。「悪魔VS天使シール」という構図を作った途端、大人気になったように。・・・・・・


 

9784788518001

 6歳と3歳のおまけシール騒動
 贈与と交換の子ども経済学


 麻生 武 著
 出版年月日 2023/03/13
 ISBN 9784788518001
 4-6判304頁・3960円
 在庫 在庫あり

紹介記事 麻生武著『6歳と3歳のおまけシール騒動』 日本経済新聞 2023年4月8日付

麻生武著『6歳と3歳のおまけシール騒動』の紹介記事が「日本経済新聞」 2023年4月8日付 に掲載されました。掲載紙ご担当者さまに深くお礼申し上げます。


・・・・・・発達心理学者が息子2人とその友人の熱狂を丹念に観察した。記録はノート約1000頁に上るという。

 たかが子どもの遊びと侮れない。レアものを手に入れる手練手管は大人顔負けだ。手持ちのシールのキャラクターがいかに強いかでっち上げ、弁論術を駆使し相手のお宝を引き寄せる。複雑な交換を繰り返し、年下の子を混乱させる。・・・・・・


 シール騒動は「今日の消費社会の経済の構造を深く子どもたちに教えた」と著者は指摘する。彼らはどんな大人になったのだろう。

 

9784788518001

 6歳と3歳のおまけシール騒動
 贈与と交換の子ども経済学


 麻生 武 著
 出版年月日 2023/03/13
 ISBN 9784788518001
 4-6判304頁・3960円
 在庫 在庫あり

 




 

本書、「週刊文春」2023年4月13日付「文春図書館推薦」でも紹介されております。


・・・・・・Yは、「交換したくないもん!」と当初は嫌がった。所有の放棄を伴う交換=贈与を理解できなかったらしい。一方、Uは、ヘッド一枚=天使三枚などの "レート" を超え、ヘッドを交渉材料に交換を繰り返し、相手の損得判断を狂わせ、一人利ザヤを得ていた。早くも「市場経済の精神を身につけてい」たことに驚く。‥‥‥



書評 林 英一著『残留兵士の群像』@「図書新聞」2023年4月15日付

林 英一著『残留兵士の群像』の書評が「図書新聞」2023年4月15日付にて掲載されました。評者は伊藤雅俊先生。
書評くださいました先生、掲載紙ご担当者さまにこころよりお礼申し上げます。ありがとうございました。

 

・・・・・・本書では「戦争の記憶」研究でこれまでなおざりにされてきた映像作品を用い、考察の期間を1950年代から2020年代までとし、かつインドネシア、グアム島、山西省、台湾、ベトナム、ラオスなど幅広い国と地域を射程に入れる。そうなると当然のことながら研究対象者の人数も多くなる。上記は、本書の最大の特徴であり、残留兵士という存在の一般化に寄与し、本書で導き出される結論や知識の独自性を保証する。また、新たな研究の試みとその成果からは「戦争の記憶」研究、ひいては残留(抑留)をめぐる研究への貢献という意義が見出せる。

 とくにインドネシアの残留兵士研究で有名な著者は、その該博な知識と豊富な一次資料及び二次資料を駆使して残留兵士の「実像」と「表象」を詳らかにする。「第1章 残留兵士の組織化と英雄化――インドネシア」においてだけでなく、他章においてもインドネシアの残留兵士に関する記述や比較検討が見られる。とりわけ、著者のこれまでの研究成果、並びに実際に見聞きした事柄、聞き取りから得られた情報や知見は圧巻であり、それらを文献史料と映像作品と関連付けることで論拠や客観性を担保する。同時に、当該地域の残留兵士に関する知識及び情報の豊富さゆえに、他地域の論証に物足りなさを感じてしまう評者がいるのかもしれない。・・・・・・

・・・・・・本書は、東南アジア・東アジア地域の残留兵士各々の歴史・社会・政治など諸々の背景の文脈理解を踏まえ、残留兵士の「実像」と「表象」を徹底的に検証した信頼に足る学術書である。

 


9784788517936 林 英一 著
残留兵士の群像
彼らの生きた戦後と祖国のまなざし
残留兵士の群像
出版年月日 2023/01/05
ISBN 9784788517936
4-6判352頁・定価3740円

« 2023年3月 | トップページ | 2023年5月 »

検索


  • カスタム検索
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ツイッター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

タイトルのみ表示


サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想