« 書評 I.ジャニス 著 細江達郎 訳『集団浅慮』@図書新聞2022年8月13日付 | トップページ | 紹介 清水 亮 著『予科練「戦友会」の社会学』@日刊ゲンダイ 8月16日付  »

書評 日本記号学会編『アニメ的人間 』@「週刊読書人」2022年8月19日付

日本記号学会編『アニメ的人間 』の書評が、「週刊読書人」2022年8月19日付、にて掲載されました。
評者は伊集院敬行先生。ご書評くださいました先生、書評紙ご担当者様に深くお礼申し上げます。
ありがとうございました。

・・・・・・これらの論考の多くに共通するのは、動いていないものが動いて見えることの素朴な驚きである。その仕組みを説明するために用いられる「網膜残像」の語が示すように、静止画の連続に我々が見る運動の「錯覚」は、これまで人間の知覚の不完全さゆえの「見間違い」だと考えられてきた。だが本書において錯覚は、見る者が静止画の連続に命を与えること、すなわち「眼の生産的な力」として肯定的・積極的に捉え直されている。本書の多くの論者が、アニメーションの語源であるアニミズムの語を再考・再定義しようとするのはそのためである。アニメーションに見られる運動や生命は、静止画の連続とそれを見る者との対話、両者の身体的な交流から生み出されるのである。

 

9784788517745 アニメ的人間
インデックスからアニメーションへ
日本記号学会 編
2022/05/31
ISBN 9784788517745
A5判162頁・2750円(本体2,500円+税)
在庫あり

« 書評 I.ジャニス 著 細江達郎 訳『集団浅慮』@図書新聞2022年8月13日付 | トップページ | 紹介 清水 亮 著『予科練「戦友会」の社会学』@日刊ゲンダイ 8月16日付  »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 書評 I.ジャニス 著 細江達郎 訳『集団浅慮』@図書新聞2022年8月13日付 | トップページ | 紹介 清水 亮 著『予科練「戦友会」の社会学』@日刊ゲンダイ 8月16日付  »

検索


  • カスタム検索
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ツイッター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

タイトルのみ表示


サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想