« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »

2022年1月

書評 中山 元 著『わたしたちはなぜ笑うのか』 2022年2月5日付「図書新聞」に掲載

中山 元 著『わたしたちはなぜ笑うのか』の書評が2022年2月5日付「図書新聞」に掲載されました。

評者は木村覚氏。ご書評くださいました先生、掲載紙ご担当者さまにこころよりお礼申し上げます。ありがとうございました。

 

 

人々の間に平等を回復させる笑いの力


・・・・・・中山によれば、中世までは自然な営みでしかなかった笑いが、近代になり人間の心身の関係を説く際の研究対象の一つに位置付けられる。そこで笑いは、身体の痙攣的な動作をうむがゆえに非理性的なものとみなされ、病的で、否定的に扱うべき対象とされてしまう。

 自分の弱さゆえ他人を冷笑するたぐいの笑いに着眼するホッブスの考察は、その典型であろう。ホッブスの優越の理論に言及した後、中山は「ルネサンスまでの社会的な笑いが、社会的な統合を強める側面に注目していたのにたいして、こうした優越感の理論は、社会の内部での対立する側面に注目するものだと言えるだろう」(143頁)と整理する。
 
 その後の中山の論調は、否定的な側面を強調する近代の笑い論から離れ、共同体を構想する笑いの積極的可能性へと活路を見出そうとする。眼差しは、スピノザ、カント、ニーチェ、バタイユなどへと向けられてゆく。そして最後に、フランクルのユーモア論が「治癒」の問題として取り上げられ、本書は終幕する。

 近代に陥った、笑いを否定的にうけとる立場から自由になって、むしろ共同体をうむ力としての笑いに可能性を求める中山の視点は、現代的な笑いの問題点を照らし出すことだろう。笑う=嗤う状況がSNSの発達によって可視化されると、笑い=差別を排除する勢力によって笑いは悪者にされてしまう。その結果、その潜在的な力を発揮できぬまま、笑いはダイナミズムを失いつつある。社会的な統合を強め、人間の間の平等を回復させる笑いの力の存在に、私たちは目を覚ますべきであろう。本書は、その気つけ薬となるのにふさわしい論稿である。


 

9784788517356

著者 中山 元
ジャンル 哲学・思想
出版年月日 2021/08/05
ISBN 9784788517356
判型・ページ数 4-6・226ページ
定価 2,530円(本体2,300円+税)
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせ・感想



書評 東京大学文化資源学研究室編『文化資源学』@週刊読書人2022年1月28日付

東京大学文化資源学研究室編『文化資源学』の書評が2022年1月28日付「週刊読書人」に掲載されました。

評者は宮崎刀史紀氏。ご書評くださいました先生、掲載紙ご担当者さまにこころよりお礼申し上げます。ありがとうございました。


・・・・・・かつて「文化の時代」とはよく言われたが、今や「文化資源の時代」かと思われるほど、この言葉を頻繁に聞く。文化庁には文化資源活用課もあり、地域で「文化資源マップ」が作られたり、いくつかの大学には「文化資源学コース」のようなものもある。「文化」でなく、「文化財」でもなく、「美術」や「博物館」でもない。そうした言葉や関連諸学が抱える価値観、枠組みから改めて距離をおき、あるいは、まだ「文化」や「美術」といった世界に入る前のモノやコトをとりあげ、また「活用」したりする際の、いわば旗印として「文化資源」という言葉が重用されているようである。

本書の論考はそうした様々な境目を感じさせ、「文化」や「社会」のあり様をそんな視点から浮かび上がらせる行き来の数々であり、この二〇年の間の社会や技術の変化などが新たな研究手法や問題設定、様々なモノやコトの「資源化」につながっていることにも触れているが、そもそも「流行り」を気にするそぶりはあまり見せず、研究者それぞれの「資源」を探り当てる高度な能力と、それを支え根源へ迫る卓越した知見が「学」につながっていく基本だということをそっと強調しているようにも感じられた。既存の学問分野等でも研究対象や視点が広がってきている中で、「文化資源学!」と口にするときの戸惑いの背景はこうしたことでもあるのだろう。

あえていうなら、モノやコトの魅力をもとに、既存の学問にも精通しつつ、その境目近くを歩き、枠組みを揺さぶってみたいという人々が出入りする道場のような場がこの「文化資源学」であり、社会人学生の参画も相まって、そこに集う気概溢れた「文化資源学派」が生みだされていった二〇年間だったということではないか。・・・・・・

>>>>>>全文を読む 週刊読書人ページへ

 

 

 

9784788517431  東京大学文化資源学研究室 編

 文化資源学文化の見つけかたと育てかた

 

 出版年月日 2021/10/25
 ISBN 9784788517431
 A5判・250ページ
 定価 2,860円(本体2,600円+税)

◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第217号■

2022年1月24日発行
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第217号■

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

◇トピックス
_________________________

 

〇書評
ご書評くださいました先生、掲載紙ご担当者様に心よりお礼申し上げます。
ありがとうございました。

 

 

毎日新聞連載「あした元気になあれ:コロナとユーチューバー=小国綾子」に
て、重野純著『本心は顔より声に出る』をお取りあげいただきました。

 

心理学者の重野純さんは著書「本心は顔より声に出る」でこんな実験を紹介し
ている。顔は笑っているが声では嫌がっているような場合、米国人は相手の顔
を見て「喜んでいる」と認知するが、日本人は声を聞いて「嫌がっている」と
認知する割合が米国人よりも高かった」
https://mainichi.jp/articles/20211228/dde/012/070/012000c

 

 

○新曜社ウェブマガジン「クラルス」
https://clarus.shin-yo-sha.co.jp/

 

赤地葉子さんの連載『赤地葉子のつれづれロック』更新です。
ぜひお読みください。

 

第5回 自分を守るために逃げる
https://clarus.shin-yo-sha.co.jp/posts/5471

 

第6回 受けた傷を完全に変形させる
https://clarus.shin-yo-sha.co.jp/posts/5472

 

 

◇近刊情報
_________________________

 

 

 

2月上旬発売予定
--------------------------------------------------
独身者の思想史 増補版
──ロック・ヒューム・ベンサム
--------------------------------------------------

 

土屋恵一郎 著
四六判上製264頁・本体3000円+税
ISBN 978-4-7885-1753-0 C1010
分野=思想史・現代思想
ロック、ヒューム、ベンサムは「近代」を準備したが、彼らの社会契約論、功
利主義などの社会理論の背後にはホモ・ソーシャルの感情がうごめいていた。
これら独身者の系譜のなかでベンサムの同性愛擁護論などを掘り起こし、思想
史に新しい風景を拓く。

 

*西欧近代の偉大な社会思想家たちを「独身者」という文脈で捉えなおし、思想
史という学問の面白さを知らしめた「問題作」の大幅増補版
──「おひとりさま」の思想史。

 

著者
土屋恵一郎(明治大学名誉教授)

 

 

 

2月下旬発売予定
--------------------------------------------------
思考力を育む「知識操作」の心理学 ──活用力・問題解決力を高める「知識変形」の方法
--------------------------------------------------

 

工藤与志文・進藤聡彦・麻柄啓一 著
四六判並製224頁・本体2100円+税
ISBN 978-4-7885-1754-7 C1011
分野=教育心理学・認知心理学

 

チューリップには種ができるか──理科の授業で習ったはずなのに正答できる子
は5割に満たない。なぜ学んだ知識が使えないのか? 教育心理学の視点からそ
の原因を探り、知識を活用するための「知識操作=知識の変形」の方法を具体例
に即して提案する。
*エピソードや授業記録、教材例など豊富な事例          
*心理学の専門家から学生、現職の教師、教育に関心をもつ一般読者まで

 

 

著者
工藤与志文(東北大学大学院教育学研究科教授)
進藤聡彦(放送大学教養学部教授)
麻柄啓一(前早稲田大学教育学部教授)

 

 

 

 

2月下旬発売予定
--------------------------------------------------
ポストコロナの社会学へ ──コロナ危機・地球環境・グローバル化・新生活様式
--------------------------------------------------

 

庄司興吉 編著
A5判並製216頁・予価2500円+税
ISBN 978-4-7885-1755-4 C3036
分野=社会学
コロナ禍が引き起こした危機は、私たちが強く身体に拘束されており、地球[環境]
の影響を受けていることを改めて如実に示した。地球環境問題を生産パラダイム
から総体的にとらえ直し、身体、地球、歴史、社会を接続して考える今日の社会
学のための挑戦。

 

*人類が生き残る展望とそれに見合った生き方のための、手がかり

 

編著
庄司興吉(東京大学名誉教授)

 

 

弊社関連書
庄司 興吉 編著

『主権者と歴史認識の社会学へ 21世紀社会学の視野を深める』
https://www.shin-yo-sha.co.jp/book/b505616.html

 

『21世紀社会変動の社会学へ 主権者が社会をとらえるために』
https://www.shin-yo-sha.co.jp/book/b505618.html

 

 

_________________________

 

編集後記
2022年最初の新刊案内です。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
J・ソール著『帳簿の世界史』(文春文庫)
M.ウェーバー『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』を再読したく本
箱を探すが見つからない。買えばいいのだが引っ越しのたびに買ってる気がする
のでまた買うのもなー、と思いつつ探す。

なぜ『プロ倫』が読みたくなったかと言うと、サンデルの『実力も運のうち』に
現代のエリートとその倫理の話のなかでふれられていたからだ。ノブレスオブリ
ージュなきエリートの「傲慢さ」については、C.ラッシュの『エリートの反逆』
という名著があるのでなにを今更という感じがするのだが、品切にしている発行
元の人間が大きい口をたたくのはよしておきます。
『プロ倫』のなかでウェーバーはベンジャミン・フランクリンをプロテスタント
的資本主義の体現者として評価しているのですが、『帳簿の世界史』に、このフ
ランクリンがアメリカの駐仏大使としてパリにいたときの「豪勢な」生活にふれ
られておりじつに興味深かった。

独立記念日には盛大なパーティーを開き旬の食材を気前よく使い、ワインを100
本以上開けるという生活。「帳簿を見る限り、フランクリンがプロテスタント的
道徳観念を発揮しているとは思えない」。フランクリンが慎み深く楽しみを先延
ばしする気がなかったことはあきらかである、という著者のことばがふるってい
る。ウェーバーの慎みとゾンバルトの奢侈。そんなフランクリン像をみるとます
ます彼が資本主義の精神を体現した人物に思えてならなくなり、その生涯を知り
たくなった。自伝ではなく。
帳簿、会計と世界史の有名人物と事件との「意外な」かかわりを描いた本書、ぜ
ひご一読ください。(中山)
_________________________
 

« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »

検索


  • カスタム検索
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ツイッター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

タイトルのみ表示


サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想