« 紹介 牧野陽子著『ラフカディオ・ハーンと日本の近代』、3月14日付神戸新聞他 | トップページ | 書評 櫻井茂男著『思いやりの力』@図書新聞 2021/4/14付 »

2021年4月13日 (火)

紹介 牧野陽子著『ラフカディオ・ハーンと日本の近代』、3月18日付山陰新聞

牧野陽子著『ラフカディオ・ハーンと日本の近代』(四六判・本体3600円)が、3月18日付山陰中央新報書評欄にて紹介されました。評者は佐貫公哉氏。掲載紙ご担当者さまにこころよりお礼申し上げます。ありがとうございました。


 松江ゆかりの文豪小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)は、日本に関する数多くの作品を著し、洋の東西を問わず読み継がれている。八雲は、神仏習合や先祖崇拝などを軸とする「日本人の内なる生活」に注目し、一つの価値観を強要する近代西洋文明を問い返す力があると見た。

3部構成の本書では、八雲の思想を鍵として、日本の近代が考察される。第1部は、八雲が捉えた日本古来の宗教的心性と現代における意義を論じ、八雲の日本観をたどり直す。

八雲作品の受容のありように焦点を当てた第2部では、柳田国男「遠野物語」と八雲「知られぬ日本の面影」が合わせ鏡のようにつづられ、柳宗悦の民芸論には八雲「日本人の微笑」の影響が見られると指摘する。

第3部は、「宗教・庶民・自然」という八雲の関心と重なり合う光景を見つめた作家たちとして、明治初期のイザベラ・バードや、林芙美子の戦後の作品などを読み解く。

(新曜社・3960円)


 

9784788517004ラフカディオ・ハーンと日本の近代

牧野 陽子 著
出版年月日 2020/12/15
ISBN 9784788517004
判型・ページ数 4-6・392ページ
定価 本体3,600円+税

 

|

« 紹介 牧野陽子著『ラフカディオ・ハーンと日本の近代』、3月14日付神戸新聞他 | トップページ | 書評 櫻井茂男著『思いやりの力』@図書新聞 2021/4/14付 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 紹介 牧野陽子著『ラフカディオ・ハーンと日本の近代』、3月14日付神戸新聞他 | トップページ | 書評 櫻井茂男著『思いやりの力』@図書新聞 2021/4/14付 »