« 書評 日比嘉高 著『プライヴァシーの誕生』@毎日新聞 2020年9月26日付 | トップページ | ◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第204号■ »

2020年10月 9日 (金)

書評 日比嘉高 著『プライヴァシーの誕生』@「日本経済新聞」2020年10月3日付

日比嘉高 著『プライヴァシーの誕生』の書評が「日本経済新聞」2020年10月3日付に掲載されました。

評者は栗原裕一郎氏。ご書評いただきました先生、掲載紙ご担当者さまにこころよりお礼申し上げます。ありがとうございました。

 

 『近代名作モデル事典』なる古本が手元にある。編者は国文学者・吉田精一。バリバリの専門書だ。
 だが吉田序文は、読者が覗き趣味から手に取ることを想定している。価値は精細な梗概にあるが、「専門の大家や新進の研究者たちが、骨を折って詮索してくれたモデル考」のほうに「一般的な興味をひく読み物」として重点があるだろうと無防備に書くのである。
 無理もない話なのだ。何しろプライヴァシー」が我が国にはまだなかったのだから。発行は1960年。翌年、三島由紀夫が発表した『宴のあと』に対し、元外務大臣で東京都知事候補者だった有田八郎がモデルにされたと訴えを起こす。この裁判で初めて「プライヴァシー」という概念は日本に導入されたのである。
 日比嘉高『プライヴァシーの誕生』は、『宴のあと』事件を指標に、日本文学史上のトラブルになったモデル小説を拾い上げ、小説と「私的領域」の関係の変化を検証した研究書である。・・・・・・
・・・・・・
・・・・・・
日本経済新聞書評ページ

 

9784788516854_20200923111701  プライヴァシーの誕生
 モデル小説のトラブル史

 日比 嘉高 著
 出版年月日 2020/08/12
 ISBN  9784788516854
 判型・4-6判・308ページ
 定価 本体2,900円+税

 

 

 

 

 

 

 

|

« 書評 日比嘉高 著『プライヴァシーの誕生』@毎日新聞 2020年9月26日付 | トップページ | ◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第204号■ »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 書評 日比嘉高 著『プライヴァシーの誕生』@毎日新聞 2020年9月26日付 | トップページ | ◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第204号■ »