« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月

2020年4月20日 (月)

書評 平川祐弘編『森鴎外事典』@毎日新聞 4月18日付/2020年

平川祐弘編『森鴎外事典の書評が、「毎日新聞」4月18日付/2020年に掲載されました。評者は持田叙子氏。ありがとうございました。評者の先生、書評欄ご担当者さまにこころからお礼申し上げます。


 

・・・・・・夏目漱石とならび立ち、明治大正の世に新鮮な海外の文化を伝えた。個人を尊重した。国境をこえる学問と芸術の自由を重んじた。近代日本の内面をささえた。しかるに今も人気の漱石に比べ、鴎外はあまり読まれない。文庫の刊行も少ない。永井荷風も泉鏡花も三島由紀夫も、その他多くの近代作家が鴎外の端正な文章に学んだ。この人を忘れてどうするのか。
 そこへこの快挙である。鴎外と漱石を先駆的な<和魂洋才>の人として高く評価してきた比較文学の泰斗・平川祐弘氏が立った(以下、敬称略)岩本真理子、金子幸代、清水孝純、山口徹、山崎一穎、劉岸偉、高橋修司、吉川節子など43人の研究者が参集し、初の事典が成った。744ページ、338事項。

 ふつう事典というと書き方を統一し、各事項を常識的にまとめる。この事典はちがう。おなじ一つの事項を異なる角度で数人が書くこともある。論文の域に突入する深堀り系もある。個性的なデコボコがあって、そこに味がある。「既成の鴎外についての決まり文句」を「破砕する新見解」がある方がいい、と編者はいう巨大なカリスマとして鴎外を固定しない。批評しつづける。その精神は鴎外に似あう。生き生きと未来に鴎外をひらく事典である。
 その意味で医学の事項がまず目を引く。鴎外は陸軍軍医総監をつとめた。日清・日露戦争に従軍し、朝鮮・満州・台湾などにおもむいた。兵の栄養と衛生を管理した。専門はとうじ新しい衛生学である。『衛生学大意』の大著がある。重要な分野だが一般ファンにはしんどい所。ここを本書はよく案内する。今まで分離されてきた鴎外の医学と文学を密につなげる。
 とくに医学畑の執筆者・西沢光義が快刀をふるう。
・・・・・・
 新しい知見の目白押しである。『舞姫』エリスのモデルは誰か、という研究レベルとは異なる地平が見えて胸がおどる。鴎外はヨーロッパより早く、全陸軍に腸チフス予防接種を行った。安楽死や永年術(マクロビオチック)の問題を考えた。それらを小説『高瀬舟』『金毘羅』などに反映した。
・・・・・・
 他にも読みどころは多彩だ。女性の社会進出へのあたたかい応援や、明治日本に留学した魯迅と周作人への影響なども一般にはあまり知られない。

 人の心をよく汲み、最先端の細菌学を知り、自身の結核菌とも生涯ひそかに戦った鴎外。もし今のコロナ禍にいたら、国家中枢で公衆衛生にどのような腕をふるったであろうか。約100年前に死んだ鴎外の顔がにわかに大きく鮮やかに迫る。学問芸術の自由な発展を「妨げる国は栄える筈がない」が信条だった。

>>>>>>毎日新聞「今週の本棚」へ

 

森鴎外事典

 

平川祐弘 編『森鴎外事典』
出版年月日 2020/01/10
ISBN 9784788516588
A5判・770頁  定価 本体12,000円+税



| | コメント (0)

2020年4月14日 (火)

服部徹也『はじまりの漱石』 第28回 やまなし文学賞 研究・評論部門選評

第28回 やまなし文学賞 研究・評論部門 を受賞いたしました、服部徹也著『はじまりの漱石』の選評をいただきましたので、こちらに引用させていただきます。選評委員の先生方、文学賞主催者・ご担当者の方々に心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。


選評

研究の重みと、その魅力を伝える 中島国彦

今年は、お二人が最初に世に問うた書物を、多くの方に紹介し、顕彰できたことを喜びたい。
 服部徹也『はじまりの漱石』は、丹念な文献操作をベースに、漱石の作家的出発を描いた、近年の漱石研究の見事な達成である。全集一巻分のロンドン時代の断片的な「ノート」からではなく、東京帝国大学での「講義」の内容を見据え、全国各地に所蔵されているいくつもの受講者のノートの分析から漱石の文学意識を明らかにし、それらが「倫敦塔」「草枕」「二百十日」「野分」などの初期作品と密接な関係を持つことを分析する。新発見の資料も紹介され、刊行中の岩波の新全集に生かされたことも記憶に新しい。明晰な文章で『文学論』や『英文学形式論』の意味が浮かび上がる論述は、文学研究の一つの目指すべき姿を示すものとして高く評価できる。

 


文学研究のあらたな地平 関川夏央

 服部徹也『はじまりの漱石 『文学論』と初期創作の生成』には、驚いた。
 漱石の『文学論』は、生意気な若者が高校か大学のときに読もうとして、例外なく途中で投げ出した本だが、その内容がこの『はじまりの漱石』ではじめて腑に落ちた。「狂セリ」といわれたほどの漱石のロンドンにおける勉強ぶりが、何をもとめてのことだったのか、よくわかった。
 漱石は英国人研究者、D・フラナガンがいうように世界的存在だと思う。現在そのように認識されていないのは、作品中に西洋人の俗耳に入りやすい「日本趣味」がないからだ。そうして日本の国文学者が「いまさら漱石?」と訝しむのは、たんに怠惰である。
 それにしてもネットは恐ろしいほどの利便をもたらした。著者はOCRをかけた本文検索で中文訳の『文学論』まで参照、近代東洋への影響を検討して漱石の奥深さを実証した。

 


研究の文体、本のタイトル 兵藤裕己

 服部徹也『はじまりの漱石』は、漱石の『文学論』の成立過程を検討することで、その理論と実作の関係を問いなおした本。東大英文科での漱石の講義を受講した学生たちのノートをもとに、その講義内容を復元し、そこから、漱石本人にとって満足のいく出来ではなかった刊本『文学論』を読み返して、『吾輩は猫』等の初期作品の新たな読みの可能性を示す。漱石論に着実な一歩を刻んだ研究書といえるが、柔軟で読みやすい文章は、研究の文体として新しく、「はじまりの漱石」という標題もじつによい。

>>>>>>選評全文はコチラへ 山梨県立文学館サイト 選評PDF


 

9784788516434『はじまりの漱石 』
『文学論』と初期創作の生成

服部 徹也 著
2019/09/06
ISBN 9784788516434
A5・400ページ
本体4,600円+税

| | コメント (0)

2020年4月13日 (月)

書評 山 愛美著『村上春樹 方法としての小説―記憶の古層へ』@図書新聞 2020年4月18日付

 山 愛美著『村上春樹 方法としての小説―記憶の古層へ』の書評が「図書新聞」2020年4月18日付にて掲載されました。評者は髙橋龍夫氏。評者の先生、掲載紙ご担当者様、ありがとうございました。こころよりお礼申しあげます。

 

 

村上春樹に関する論考は、国内外を問わず本人の著作を超えるペースで毎年出版されているが、2019年と20年をまたぐ二カ月間に刊行された『村上春樹 方法としての小説―記憶の古層へ』、及び『文化表象としての村上春樹―世界のハルキの読み方』の2冊は、アプローチとして全く反対のベクトルを向きながらも、いずれも春樹論の新たな水準を拓くものとして注目に値する。

前者は、春樹のエッセイやインタビューにも周到に目配りしながら創作の内実を心理療法的なアプローチによって追体験的に探っていく。井戸の比喩を多用する春樹は自己の魂の深部と向きあいながら創作を実践する作家として知られている。臨床心理学・深層心理学を専門とする山愛美は、臨床的な心理療法の実例を挙げながら、共同体的な記憶の古層にむけて他者との繋がりを見出そうとする春樹の奥深い創作過程を丹念に検証する。特に、『風の歌を聴け』に登場する架空の作家デレク・ハートフィールドをめぐる分析は、春樹の世界観を探る上で不可欠な要素としてこれまでになく解明され、きわめて興味深い。

また本書が示唆に富むのは、春樹が、いかに日本に根を持つ作家であるかを具体的に再認識できる点にある。その理由は、著者が着目する春樹の発言や作品の叙述の分析から、生と死、内と外、現実と非現実、東洋と西洋、在と不在、あるいは一箇所に定住しない住み移りのスタンスなど、いずれも西洋近代の二項対立的な思考法や中心と周縁を区分する発想法、もしくは特定の観念に固執した見方に束縛されずに捜索する春樹のスタンスがよく見えてくるからである。著者が心理療法のプロとして、クライアントに寄り添いつつ複眼的な視点から慎重に対応していることに由来するのだろう。対象に対して融和的で、且つそこから距離を置く冷静な分析方法が文学にも十分に活かされている。村上春樹という生身の作家を読者とともに記憶の古層から共有しようとする本書は、春樹ファンにとっても、また、文学研究者にとっても春樹を理解するための様々なヒントが散見されるだけでなく、平易な文体で実作者に寄り添う洞察は、著者の体温を感じさせ、不思議と読者をも魂の深いところを見つめ直そうとする想いへと静かに誘う。・・・・・・

 

 

9784788516571  村上春樹、方法としての小説
 記憶の古層へ
 山 愛美 著
 2019/12/24
 ISBN 9784788516571
 4-6判・244ページ
 定価 本体2,600円+税

| | コメント (0)

2020年4月 3日 (金)

書評 佐藤邦政 著『善い学びとは何か』@図書新聞 2020年4月11日号

佐藤 邦政 著
『善い学びとは何か』
(本体2400円)の書評が図書新聞 2020年4月11日号に掲載されました。評者は久保田祐歌氏。評者の先生、掲載紙ご担当者さまに深くお礼申し上げます。ありがとうございました。


 本書は、学びとは何か、なぜ学びが大切なのかという学びの価値に関する問答を教育哲学研究及び哲学研究の議論に基づいて厳密に展開した「学び」についての哲学書である。......

......本書での「学び」は、ソクラテス以来の西洋哲学の伝統をもつ、問答を通じて考えることは知識の発見や理解を深めるための手段であること、それによって自身を認知的に変容させるということがその理由である。問答による「学び」は、「善い学び」として、「学ぶ者が固定観念を中性化できるようなもののこと」と定義され価値づけられる。「固定観念の中性化」とは、自分がそれと気づかれずにもっている見方や考え方を、それが一つの見方や考え方にすぎないと認識し、別の仕方で認識する余地が生じることを意味する。
.......
問答における「学び」においては、「問いほぐし」と名づけられる、批判的思考と呼びうる認識的なプロセスが含まれる。「問いほぐし」とは、「問いを設定し、明確にし、洗練させていくことを通じて、問いとその前提からなる探求の枠組みを創り出し、それを組み替えていく」ことである。「問いほぐし」によって、以前とは異なる見方や考え方がありうることを想像でき、ここから判断や行為選択の幅を広げる「認知的自由」が生じる。
・・・・・・・
「問いほぐし」と「学び」との関係は、「問いほぐしのスキルの習得」(問いの言語形式を適切に用いるスキル)、「知識を刷新し、理解を深める手段」、「問いほぐしのプロセスでの学びの経験」(認知的変容のプロセス)の三つの観点でまとめられる。最も重要であるのは「認知的変容」であり、著者は独自の概念として「教育的善」を提示することでその価値を説明する。道徳的善(道徳的に正しい行為や判断、誠実さ等)や認識的善(真理の獲得、深い理解)と異なり、「教育的善」は「ある人が道徳的に、あるいは、認識的に善い方向に変容することに基づく価値」である。
......
......



9784788516489 『善い学びとは何か』  
〈問いほぐし〉と〈知の正義〉の教育哲学
佐藤 邦政 著
出版年月日 2019/11/05
ISBN 9784788516489
4-6判・268ページ
定価 本体2,400円+税


| | コメント (0)

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »