« 書評 実重重実著『生物に世界はどう見えるか』 日本経済新聞 2020年1月18日掲載 | トップページ | 『善い学びとは何か』(本体2400円)の著者・佐藤邦政先生のインタビュー記事が朝日新聞(1月13日付)に掲載 »

2020年1月22日 (水)

平川祐弘 編『森鷗外事典』の紹介が読売新聞 2019年1月21日付

平川祐弘 編『森鷗外事典』の紹介が読売新聞 2019年1月21日付に掲載されました。
掲載紙ご担当者様に深くお礼申し上げます。ありがとうございました

 

 

「森鴎外事典」刊行 項目300超

文豪の森鴎外に関する情報を網羅した平川祐弘編『森鴎外事典』=写真=が、新曜社から刊行された。300を超す項目を設け、日本が近代化に突き進む中で、文学者、軍人、医師と多面的に活躍した鴎外の全体像を伝える本格的な事典だ。
「舞姫」「青年」など作品に関する項目のほか、「衛生学」「下水道」「戦争観」など、様々なものがあって眺めるだけでも興味深い。鴎外が、その原因をめぐって論争に巻き込まれる「脚気」に関しては、当時の医学状況を背景にした詳細な説明を加えてある。
鴎外に関する基礎参考文献の一覧や家系図、年譜など資料類も充実している。

 

 

森鴎外事典

平川祐弘 編『森鴎外事典』
出版年月日 2020/01/10
ISBN 9784788516588
A5判・770頁  定価 本体12,000円+税

 

 

 

 

|

« 書評 実重重実著『生物に世界はどう見えるか』 日本経済新聞 2020年1月18日掲載 | トップページ | 『善い学びとは何か』(本体2400円)の著者・佐藤邦政先生のインタビュー記事が朝日新聞(1月13日付)に掲載 »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 書評 実重重実著『生物に世界はどう見えるか』 日本経済新聞 2020年1月18日掲載 | トップページ | 『善い学びとは何か』(本体2400円)の著者・佐藤邦政先生のインタビュー記事が朝日新聞(1月13日付)に掲載 »