« ◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第194号■ | トップページ | 書評 榊原賢二郎 編著『障害社会学という視座 』 2019年11月8日付「週刊読書人」に掲載 »

2019年10月28日 (月)

朝日新聞読書 鈴木登美ほか編『検閲・メディア・文学』記事 「ひもとく 検閲」

鈴木登美ほか編
『検閲・メディア・文学』


が、2019年10月27日、朝日新聞読書 鈴木登美ほか編『検閲・メディア・文学』記事 「ひもとく 検閲」にてとりあげられました。
評者は志田陽子氏。お取りあげいただきました先生、掲載紙ご担当者様、ありがとうございます。こころよりお礼申し上げます。

「この数ヶ月、「検閲」という言葉がメディアをにぎわした。8月初旬、「あいちトリエンナーレ2019」の一企画「表現の不自由展・その後」が中止されたことについて、検閲ではないかとの声が多方面から上がったためである。私たちの言論環境について、疑問や不安を感じさせる出来事が増えている。・・・・・・

日本で過去に行われてきた検閲とはどのようなものだったか。鈴木登美ほか編『検閲・メディア・文学 江戸から戦後まで』は、江戸時代にさかのぼってカバーしている。当時の歌舞伎や浮世絵への検閲は、性表現の抑制と共に奢侈(ぜいたく)を抑制することに高いウェートがあった。最近の春画ブームの前提としても興味深い・・・・・・」

ほか『GHQの検閲・諜報・宣伝工作』山本武利著、岩波現代全書
『検閲と発禁 近代日本の言論統制』水沢不二夫著、森話社
の2冊が取り上げられています。





9784788512849  検閲・メディア・文学
江戸から戦後まで
鈴木 登美・十重田 裕一・堀 ひかり・宗像 和重 編
2012/03/30
ISBN9784788512849
A5・384ページ
定価 本体3,900円+税

|

« ◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第194号■ | トップページ | 書評 榊原賢二郎 編著『障害社会学という視座 』 2019年11月8日付「週刊読書人」に掲載 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第194号■ | トップページ | 書評 榊原賢二郎 編著『障害社会学という視座 』 2019年11月8日付「週刊読書人」に掲載 »