« ◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第158号■ | トップページ | 新刊 ウヴェ・フリック・鈴木聡志『質的研究のデザイン』 »

新刊 中田基昭『遊びのリアリティー』

9784788514546

中田基昭 編著/大岩みちの・横井紘子 著

遊びのリアリティー
―事例から読み解く子どもの豊かさと奥深さ

四六判並製260頁
定価:本体2400円+税
発売日 16.4.15

ISBN 978-4-7885-1454-6

見本出来ました。
4月21日ごろ書店に並びます。

はじめに

 子どもの遊びは、……戯れではなく、高尚な真剣さと深遠な意義をそなえている。


 乳児は、「微笑みを通して初めて……人間精神とお互いに通じ合うようになり、初めてそれと一体化することに至[1]る」(Frobel, II S. 386, 三338-339頁)という言葉は、乳幼児教育学の理論的基盤を構築し、幼稚園の普及に大きな貢献を成したため、乳幼児教育学の父と称されている、フレー ベルの言葉である。乳児と目が合うと、どれほど嫌な気持ちに苛まれていても、気持ちが和まされ、幸せな気分に満たされる、といったことは、おそらく私たち の誰もが経験したことではないだろうか。

 仕事に疲れて帰宅した親が、屈託なくスヤスヤと寝息をたてている我が子の寝顔を見つめているだけで、一日の疲れが消えていき、幸せな気分に満たされる、ということもしばしば耳にする。

 こうしたことからすると、乳児や幼児との出会いは、私たちにとって、一服の清涼剤であるかのようだ。いやむしろ、嫌な気持ちに

・・・・・・

《もっと読む 遊びのリアリティー はじめに》

« ◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第158号■ | トップページ | 新刊 ウヴェ・フリック・鈴木聡志『質的研究のデザイン』 »

新刊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新刊 中田基昭『遊びのリアリティー』:

« ◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第158号■ | トップページ | 新刊 ウヴェ・フリック・鈴木聡志『質的研究のデザイン』 »

検索


  • カスタム検索
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ツイッター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

タイトルのみ表示


サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想