« 新刊 鈴木生郎・秋葉剛史・谷川卓・倉田剛『ワードマップ 現代形而上学』 | トップページ | 新刊 戈木クレイグヒル 滋子『グラウンデッド・セオリー・アプローチを用いたデータ収集法』 »

書評・紹介 滝口明祥 著 『井伏鱒二と「ちぐはぐ」な近代』

みすず書房さん毎年恒例&楽しみの月刊「みすず」1月・2月号 「読者アンケート特集」ですが、弊社は今年1点とりあげられていました。評者は鶴見俊輔先生です。


「まったく思いがけず手に取り、久しぶりに新しい才能に出会ったことを感じた。ゆきとどいた理解が、厳しく、そして井伏そのものへのすぐれた批評となっている。」

(ほか保苅実『ラディカル・オーラル・ヒストリー』(御茶の水書房)、杉山光信編『日高六郎セレクション』(岩波現代文庫)、大室幹雄『新編 滑稽』(せりか書房)、瀧口夕美『民族衣装を着なかったアイヌ』(編集グループSURE)をとりあげられてます)

9784788513143_2

滝口明祥 著
井伏鱒二と「ちぐはぐ」な近代

四六判上製376頁・定価3990円
発売日 12.11.28
ISBN 978-4-7885-1314-3

« 新刊 鈴木生郎・秋葉剛史・谷川卓・倉田剛『ワードマップ 現代形而上学』 | トップページ | 新刊 戈木クレイグヒル 滋子『グラウンデッド・セオリー・アプローチを用いたデータ収集法』 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 書評・紹介 滝口明祥 著 『井伏鱒二と「ちぐはぐ」な近代』:

« 新刊 鈴木生郎・秋葉剛史・谷川卓・倉田剛『ワードマップ 現代形而上学』 | トップページ | 新刊 戈木クレイグヒル 滋子『グラウンデッド・セオリー・アプローチを用いたデータ収集法』 »

検索


  • カスタム検索
2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ツイッター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

タイトルのみ表示


サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想