« ◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第124号■ | トップページ | 受賞 小宮友根著『実践の中のジェンダー』 2012年西尾学術奨励賞受賞  »

日本社会学会奨励賞受賞 中村英代 著 『摂食障害の語り』 

9784788512511

中村英代 著
摂食障害の語り
――〈回復〉の臨床社会学
11.10.10   978-4-7885-1251-1  46判320頁・定価3360円
が、第11回 日本社会学会奨励賞を受賞いたしました。




著者 受賞のことば

浦和大学短期大学部介護福祉科   特任准教授 中村英代

この度は、第11回日本社会学会奨励賞という大変権威ある賞をいただき、ありがとうございます。今後も研究を続けるようにとお声をかけていただいたよう で、大変な励みになりました。選考委員の先生方、執筆過程でお世話になった皆さま、そして、読者の皆さま、本当にありがとうございました。

 拒食や過食、嘔吐を主訴とする摂食障害にたくさんの方が苦しんできましたが、回復している方もたくさんいます。しかし多くの場合、回復した方たちはもう 病院などには姿を現しません。治療を経験しないで回復する方も多数います。そのため、学問の世界には回復者のデータは蓄積されず、回復プロセスは謎のまま でした。そこで私は、回復している人たちを探し出して、「どうやって回復したのですか?」とお聞きしました。本書はそれをまとめたものです。基本はシンプ ルです。

本書で行ってきたことは、たとえば、次のようなことです。ストレスがあると過食をするといったことはよく言われます。ですが私は「本当かな?」と考えまし た。楽しいことがあった日にも、特別なストレスがない日にも、過食をする人はいるからです。すると、現象を解釈するためには別のストーリーが必要になりま した。・・・・・・・《続きを読む》


« ◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第124号■ | トップページ | 受賞 小宮友根著『実践の中のジェンダー』 2012年西尾学術奨励賞受賞  »

お知らせ」カテゴリの記事

自著を語る&紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本社会学会奨励賞受賞 中村英代 著 『摂食障害の語り』 :

« ◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第124号■ | トップページ | 受賞 小宮友根著『実践の中のジェンダー』 2012年西尾学術奨励賞受賞  »

検索


  • カスタム検索
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ツイッター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

タイトルのみ表示


サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想