« 広告 12年3月29日付 朝日新聞サンヤツ | トップページ | 「社会脳シリーズ」刊行にあたって   苧阪直行 »

新刊 高橋修 著 主題としての〈終り〉

9784788512832 高橋修 著
主題としての〈終り〉
――文学の構想
12.03.23
978-4-7885-1283-2
四六判288頁・定価 本体2600円+税の見本が出来ました。
配本日は3月29日です。書店さん店頭には、2,3日後届くかと思います。


           著者関連書(弊社
           金子明雄・高橋修・吉田司雄 編 『ディスクールの帝国』

« 広告 12年3月29日付 朝日新聞サンヤツ | トップページ | 「社会脳シリーズ」刊行にあたって   苧阪直行 »

新刊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新刊 高橋修 著 主題としての〈終り〉:

« 広告 12年3月29日付 朝日新聞サンヤツ | トップページ | 「社会脳シリーズ」刊行にあたって   苧阪直行 »

検索


  • カスタム検索
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ツイッター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

タイトルのみ表示


サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想