« 新刊 石黒広昭・亀田達也 編 『文化と実践』 | トップページ | 謹賀新年 »

『1968』 今年おすすめの本@讀賣新聞

「読了後、その場を立ち去りがたかった。「日本の大きな物語」が終わったことを実感したからである。「大きな物語」が終わったあと、著者は次回作で何を語るのか。早く知りたい」

『1968』(小熊英二著)
の紹介が、2009年12月27日付讀賣新聞に掲載されました。評者は井上寿一先生。ちなみに先生があげたほかの二冊は筒井清忠著『近衛文麿』(岩波現代文庫)、スティーブン・キング『悪霊の島』(文藝春秋)。

掲載紙ご担当者様、ご書評くださいました先生に心よりのお礼を申し上げます。

« 新刊 石黒広昭・亀田達也 編 『文化と実践』 | トップページ | 謹賀新年 »

書評」カテゴリの記事

1968」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『1968』 今年おすすめの本@讀賣新聞:

« 新刊 石黒広昭・亀田達也 編 『文化と実践』 | トップページ | 謹賀新年 »

検索


  • カスタム検索
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ツイッター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

タイトルのみ表示


サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想