« 書評 鈴木光太郎著『オオカミ少女はいなかった』 | トップページ | 新刊『発明はいかに始まるか』 »

日本質的心理学会 第5回大会

日本質的心理学会 第5回大会が今週末、2008年11月29日から30日、筑波大学総合交流会館にて開催されます。小社も参加いたします。
大会ホームページ

「重要なお知らせ」にもございますが、30日はつくばマラソンが開催されます。一万人ぐらい参加する大きなマラソン大会とお聞きしております。余談ですが小社編集部U氏は、学会ではなく、このフルマラソンに参加するそうで、いちばん本気の大会だそうです。記録への飽くなき挑戦、見習いたいものです。

つくばといえば、先の日本心理臨床学会で4日間通いました。昼食は二日間、らーめん「青葉」でとりました。魚のダシがベースのとんこつスープでしょうか。つけめん、ラーメンともにおいしかったです。2時頃にはだいぶ空いていました。場所はバスターミナルから10分ぐらい歩いたつくばデイズタウン内。中野の本店は行ったことがないのですが、行ってみたくなりました。

« 書評 鈴木光太郎著『オオカミ少女はいなかった』 | トップページ | 新刊『発明はいかに始まるか』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

学会情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本質的心理学会 第5回大会:

« 書評 鈴木光太郎著『オオカミ少女はいなかった』 | トップページ | 新刊『発明はいかに始まるか』 »

検索


  • カスタム検索
2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ツイッター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

タイトルのみ表示


サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想