« 書評『違和感のイタリア』 | トップページ | 『オオカミ少女はいなかった』記事、および重版状況 »

売れ行き良好書『誰のためのデザイン?』『人間この信じやすきもの』

小社ロングセラー
D.ノーマン著『誰のためのデザイン』
T.ギロビッチ著『人間この信じやすきもの』

ともに刊行以来10数年のロングセラーにもかかわらず、目次も掲載していないのは、あまりにひどい! ということで
こちら2点の書誌情報(まえがきほか内容紹介)を充実させました。ご覧ください。


« 書評『違和感のイタリア』 | トップページ | 『オオカミ少女はいなかった』記事、および重版状況 »

近況・現況」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 書評『違和感のイタリア』 | トップページ | 『オオカミ少女はいなかった』記事、および重版状況 »

検索


  • カスタム検索
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ツイッター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

タイトルのみ表示


サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想