« 新刊『コモンズ論の挑戦』 | トップページ | 売れ行き良好書『誰のためのデザイン?』『人間この信じやすきもの』 »

書評『違和感のイタリア』

八木宏美著『違和感のイタリア』の紹介が2008年11月16日讀賣新聞に掲載されました。掲載紙ご担当者様、評者のかたにお礼申し上げます。

「もはやイタリア調査旅行は数え切れない。だが、自分の見聞したことなど薄っぺらなもの。まさに目から鱗だ。現地滞在30年の著者だから見えるイタリアの核心、ここにあり。
・・・・・・著者はフィアット社の歴史もファシズムの実態もマフィアの生態も分析する。アングロ・サクソン系の価値観に侵された日本人には必読の書でもある」

« 新刊『コモンズ論の挑戦』 | トップページ | 売れ行き良好書『誰のためのデザイン?』『人間この信じやすきもの』 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 書評『違和感のイタリア』:

« 新刊『コモンズ論の挑戦』 | トップページ | 売れ行き良好書『誰のためのデザイン?』『人間この信じやすきもの』 »

検索


  • カスタム検索
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ツイッター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

タイトルのみ表示


サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想