« 新刊『心理臨床の奥行き』 | トップページ | 紹介『モハメド・アリ』 »

書評『老愚者考』

『老愚者考』がいくつか書評に取り上げられています。

ひとつは紀伊國屋書店さんの「書評空間」で、高山宏先生「読んで生き、書いて死ぬ」にて。

もうひとつは
8月12日中國新聞ほか山陰新聞、山形新聞などに掲載(共同通信配信でしょうか、
評者黒川由紀子氏。
「「らしさ」呪縛から解放されたいと願う人にも、本書は一読の価値があろう」

掲載誌、書評者の先生には深くお礼申し上げます。ありがとうございました。

« 新刊『心理臨床の奥行き』 | トップページ | 紹介『モハメド・アリ』 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 書評『老愚者考』:

« 新刊『心理臨床の奥行き』 | トップページ | 紹介『モハメド・アリ』 »

検索


  • カスタム検索
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ツイッター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

タイトルのみ表示


サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想