« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

ケイ・ジャミソン

は弊社『躁うつ病を生きる』の著者。
先日帰宅途中立ち寄った本屋さんで、彼女の書いた『生きるための自殺学』(新潮文庫)を見つけた。以前、同社から『早すぎる夜の訪れ―自殺の研究 』という書名で出ていた書籍を文庫化
したものだ。古い知り合いに会ったようで、すぐに購入しました。

『生きるための自殺学』(新潮文庫)の紹介文を読みますと、『躁うつ病を生きる』
の原著は、アメリカ本国で30万部! を売ったベストセラーとあります。版権をよ
くとれたと思いますが、弊社では初版3000部売るのに4年かかりました(ひとえ
に営業力のなさでしょう)。通常、重版をためらうケースですが、確実にじっくりと
売れているので、刷を重ね、10年間切らさずに売ってこられたというたくましい書
籍です。現在4刷、累計何部売ったかは、ご想像に任せます(笑) 

4788506548


紹介『モハメド・アリ』

9784788510609
『モハメド・アリ』が8月19日付日本経済新聞にて紹介されました。

書評『老愚者考』

『老愚者考』がいくつか書評に取り上げられています。

ひとつは紀伊國屋書店さんの「書評空間」で、高山宏先生「読んで生き、書いて死ぬ」にて。

もうひとつは
8月12日中國新聞ほか山陰新聞、山形新聞などに掲載(共同通信配信でしょうか、
評者黒川由紀子氏。
「「らしさ」呪縛から解放されたいと願う人にも、本書は一読の価値があろう」

掲載誌、書評者の先生には深くお礼申し上げます。ありがとうございました。

新刊『心理臨床の奥行き』

9784788510647

今週13日から14日に夏休みをとりました。
子どもと市営プールに出かけると水温が37度。
お風呂じゃないんだから、なんかイヤでした(笑)

さて、『心理臨床の奥行き』出来ました。
販売会社(取次店)搬入、21日です。書店店頭には2、3日後でしょうか。

紹介『資本主義黒書』

「全体主義的な世界市場=民主主義体制」の成立史を描いた
ドイツ読書界の話題作

讀賣新聞 8月12日付、書評欄「夏のコワイ1冊」として
『資本主義黒書』をご紹介いただきました。
評者の佐藤卓己先生、ありがとうございます。

EMCA研究会

EMCA研究会エスノメソドロジー・会話分析研究会(Ethonomethodlogy and Conversation Analysis)。
『ワードマップ エスノメソドロジー』編著者の先生、所属研究会のサイト。
本書ご紹介中です。

書評『名編集者エッツェルと巨匠たち』

9784788510388
「・・・・・・黒衣の編集者の評伝という形で、19世紀のフランス文学と社会を活写した労作」
『名編集者エッツェルと巨匠たち』が「論座」2007年9月号にて書評掲載されました。
評者は宮下史朗氏。

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

検索


  • カスタム検索
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ツイッター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

タイトルのみ表示


サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想