カテゴリー「書評」の記事

2017年3月23日 (木)

記事 悲愛@朝日新聞・宮城版 2017年3月23日

「震災 亡き人への思い 手紙に刻む」
金菱清〔ゼミナール)編・東北学院大学震災の記録プロジェクト『悲愛』が、朝日新聞・宮城版2017年3月23日付の記事に掲載されました。記事は石橋英昭氏。

同記事は朝日新聞デジタル版にも掲載されております→

宮城)夢で会いたい…3・11 拝啓、あの日のあなたへ

震災で失った大切なひとに宛てて書いた手紙を集めた本が、3月11日に出版された。書名は「悲愛」(金菱(かねびし)清編、新曜社)。

 高橋匡美さん(51)は、石巻市に住んでいた両親を亡くした。「死後の世界なんてない」と思ってきたから、手紙を書こうにも、最初は筆が進まなかった。

 ねえ、お母さん。人は死んだらどうなるのですか?「ご両親が見守ってくれているよ」というけれど、それは、どこで?

 だから、この手紙を書き上げた…

9784788515154金菱清〔ゼミナール)編

東北学院大学震災の記録プロジェクト

悲愛
――あの日のあなたへ手紙をつづる

四六判変形上製240頁
定価:本体2000円+税
発売日 17.3.11

ISBN 978-4-7885-1515-4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月12日 (日)

書評 金菱 清 編『悲愛』@読売新聞 2017/3/12付

「あふれる被災地の肉声」

金菱清〔ゼミナール)編・東北学院大学震災の記録プロジェクト 悲愛
の書評が、読売新聞 2017/3/12付書評欄 にて紹介されました。評者は土方正志氏(出版社「荒蝦夷」代表)。
評者の先生、掲載紙ご担当者様、ありがとうございます。心よりお礼申しあげます。

・・・・・・本書には「失われたもの」たちへの残されたものたちからの手紙、三十一通が収録されている。逝ってしまった家族への、消えてしまった住みなれた町への、流されてしまった愛犬への、そして特別な「あの人」への手紙である。書き手のひとりに、私の知る人もいた。逝ってしまった家族への、二人称の呼びかけが胸を抉る。訥々とした静かな筆致からなおさらに、絶叫が、絶唱が聞こえる。書き手の心が叫んでいる。なぜ、と。

宮城県仙台市の東北学院大学の金菱清教授(社会学)が学生たちと進める〈東北学院大学震災の記録プロジェクト〉の一冊である。昨年は、被災地で語られる「タクシー幽霊」のレポートが話題になった『呼び覚まされる霊性の震災学』が出ている。どれも被災地に暮らす私たちの肉声が溢れて、ざわめきを鎮められずにいるのが独りではないのを伝えてくれる。

さらに願わくは、本書を東北被災地の外に暮らす人たちにこそ手に取ってもらえれば、本書から東北の「いま」を生きる私たちの肉声を聞き取っていただければ。「復興」とやらの本質は、目に見えるモノにではなく、おそらくはそこに生きる人たちの内奥にこそあるのだから・・・・・・
・・・・・・

9784788515154

金菱清〔ゼミナール)編
東北学院大学震災の記録プロジェクト

悲愛
――あの日のあなたへ手紙をつづる

四六判変形上製240頁
定価:本体2000円+税
発売日 17.3.11

ISBN 978-4-7885-1515-4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紹介 金菱 清 編『悲愛』@天声人語・朝日新聞 2017/3/12付

金菱清〔ゼミナール)編・東北学院大学震災の記録プロジェクト 悲愛
が、朝日新聞「天声人語」 2017/3/12付 にて紹介されました。
「天声人語」筆者の方、掲載紙ご担当者様には深くお礼申しあげます。ありがとうございました。

「ママがそばにいなくて寂しくないですか? お友達とは仲良く遊んでいますか? ちゃんとご飯は食べていますか?」。6歳で命を落とした娘に向け母親が書いた手紙である。「夢の中でもいいので会いたいです、抱きしめたいです……」

東日本大震災の記録として金菱清・東北学院大学教授が編んだ近刊『悲愛』は、愛する人たちへの手紙を集めている。夫の仏壇に毎日話しかける理由を妻が書く。そうしないと、将来しわくちゃの顔で会った時に「お前は誰だ」と言われそうだからと

「私達がここで笑ってる時はきっとアナタも上で一緒に笑ってるんでしょ」とは、姉が妹に贈る言葉だ。震災から6年。残された人たちには、喪失や悼みと向き合う時間とどまることなく流れている・・・・・・

・・・・・・




9784788515154

金菱清〔ゼミナール)編
東北学院大学震災の記録プロジェクト

悲愛
――あの日のあなたへ手紙をつづる

四六判変形上製240頁
定価:本体2000円+税
発売日 17.3.11

ISBN 978-4-7885-1515-4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 7日 (火)

『霊性の震災学』、讀賣新聞3月7日付に関連記事「震災6年 文化でつなぐ(中)」

昨年出版致しました『霊性の震災学、讀賣新聞 3月7日付に関連記事「震災6年 文化でつなぐ(中)」が掲載されました。記事は文化部 待田晋哉氏。記事ご担当者様にお礼申し上げます。


大学生とは、こんなによく笑うものか。東北学院大の金菱清教授と3年生のゼミ生に、宮城県中部にある七ヶ浜町の海岸を歩いてもらった。就職活動が不安などと言いながら、集まれば自然と楽しい雰囲気になる。
東日本大震災と地域のかかわりを学ぶ彼らは、多くが1995年-96年の生まれだ。同町に住む赤間由佳さん(21)は中学の卒業式後に被災した。小高い場所にある自宅の窓から、津波でほかの家が流されるのを見た。祖父を亡くし、母は時々、口数が少なくなる。
「おじいちゃんには、生きているときと同じように、母に大丈夫だよと声をかけてほしい」
笑顔の奥で、願っている。

社会学を専攻する金菱教授は震災直後から学生と各地の調査を続けている。被災地の霊的な現象にも着目し、昨年の『霊性の震災学』は硬い内容にもかかわらず1万8000部刊行された。被災地では、不思議な現象がよく見聞きされ、うわさ話やネットなどを通じて広がっているという。金菱ゼミの学生は実際に、県内のタクシー運転手に聞き取り調査を行った。

コートを着た女性を乗せたら、「私は死んだのですか」と言われた。夏に真冬の恰好をした一人ぼっちの女の子を乗せた――など、様々な証言が出た。「誰かに話してうそだと言われると、悪気のない彼ら(霊魂)を傷つけるかもしれない」と秘密にする例もあった。

赤間さんも先輩の調査を引き継ぎ、地域による目撃談の頻度の差などを研究している。「高校のとき『あそこ出るらしいよ』とうわさ話をされ、嫌な気がした。でも聞き取りを続けるうち、霊にも思いがあるはずだし、否定的に捉えたくないと感じ始めた」と話す。

金菱教授は、「多くの人が突然亡くなった出来事は、簡単に心の中で整理できない。命を失った人が『この世』から『あの世』へ行ったと思うより、霊的な存在を感じ、未整理にした方が良いこともある」と語る。「社会学は避難所の住民など一定の集団からデータを取り、調査するのは得意。でも、心の問題など押さえきれていない分野がある」

・・・・・・

・・・・・・

突然に絶たれた多くの命や無念の思いをいかに受け止め、未来につないでゆくか。東日本大震災から6年を迎え、人々の心をめぐる問題が重く、迫ってきている。


9784788514577

金菱清〔ゼミナール)編
東北学院大学震災の記録プロジェクト

呼び覚まされる霊性の震災学
――3.11 生と死のはざまで

四六判並製200頁
定価:本体2200円+税
発売日 16.1.20
ISBN 978-4-7885-1457-7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月13日 (月)

記事 山本武利著『日本のインテリジェンス工作』 @毎日新聞 2017/2/12付

山本武利著『日本のインテリジェンス工作』著者インタビュー「今週の本棚 本と人」が、「毎日新聞」2017年1月12日に掲載されました。評者は岸俊光氏。

陸軍中野学校の創立期に迫る

…… 「宣伝・謀略研究に打ち込んだのは連合国軍総司令部(GHQ)の文書を読むようになってからです。戦争ぐらいコミュニケーションが活発な時はありません。当初は軍やスパイの研究を危険視する向きも強かった」

 インテリジェンスはコミュニケーション研究の欠落した領域で、市民権を得なければならないと思った、と力を込める。

 本書は、情報の専門家の養成が始まる昭和初期の満州事変などに注目しつつ、総論、対中、対ソの3部から構成される。

 読みどころは陸軍中野学校の創立期を描いた章だろう。1974年にフィリピンから帰還した元日本兵、小野田寛郎(ひろお)が卒業生だったことで中野はブームになる。だが、公文書は戦後全て焼却されたといわれていた。
……

続くを読む 毎日新聞ウェブサイトへリンク

 

 

 

9784788514997山本 武利 著

日本のインテリジェンス工作
――陸軍中野学校・731部隊・小野寺信

四六判288頁上製
定価:本体2800円+税
発売日 16.11.1

ISBN 978-4-7885-1499-7

関連記事 山本武利著『日本のインテリジェンス工作』 解説 小畑利夫
書評 山本武利著『日本のインテリジェンス工作』 @図書新聞 2017/1/1付
紹介 信濃毎日新聞ほか共同通信配、週刊金曜日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月10日 (金)

書評 『村上陽一郎の科学論』 柿原泰 加藤茂生 川田勝 編 @WEBRONZA

柿原泰 加藤茂生 川田勝 編 村上陽一郎 小松美彦 野家啓一ほか 著『村上陽一郎の科学論』 の書評が 「三省堂書店×WEBRONZA 神保町の匠」に掲載されました。ぜひご一読ください。

評者は 今野哲男氏。書評くださいました先生、掲載サイトご担当者の方に深くお礼申し上げます。ありがとうございました。

 被爆の傷がまだ生々しく、イタイイタイ病や水俣病あるいは新潟水俣病といった公害がただならぬ問題として露出しはじめ、それにラディカルな異を唱える、いわゆる新左翼のイデオロギッシュな叫び声がこだまする中で、従来のアカデミズムの権威主義だけでなく、それに反逆するイデオロギーの枠までも軽やかに踏み超えていく――若き日の村上は、あの片桐ユズルのビートニックな感性にも通底する、社会に開かれた「アマチュアリズム」というにふさわしい、門外漢でも臆さずに近づくことのできる、しなやかな体幹を持っていた。

 本書は、そんなデビュー以来、ほぼ50年の長きにわたり、科学論の幅広い分野で、基礎的な議論だけではなく、その時々の見逃せないトピックについても、刺激的な議論を展開し主導してきた村上の足跡を検証し、批判的に継承しようと画策されている。村上本人と編者2名を含めて、アマチュアリズムの大切さを知るプロの専門家たち、都合13名の執筆による充実した論考集だ。......

掲載サイト「WEBRONZA 神保町の匠」へ

9784788515062

柿原泰・加藤茂生・川田勝 編
村上陽一郎・小松美彦ほか著

村上陽一郎の科学論
――批判と応答

四六判並製436頁
定価:本体3900円+税
発売日 16.12.26

ISBN 978-4-7885-1506-2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 2日 (木)

本の紹介 読書アンケート特集@月刊「みすず」2017/1-2 

年明けよりあまり話題がないせいか、先月(1月)にいたっては、3回しかブログをアップしておらず、反省。無理やり何か書くとしても、鮨量とか一茶庵が昨年末に店を閉めたらしいといった閉店情報ぐらいしかなく、なんとも気が優れません。

そんななか、読書アンケート特集@月刊「みすず」2017/1-2 の発売。ここに自社本が出ていると、営業としては潰えかけていた意気もあがるというものです。

さて弊社でいうとどんな本が取り上げられていたかと申しますと、

P.バーク『知識の社会史2 百科全書からウィキペディアまで』井山弘幸訳(新刊)

板倉史明『映画と移民 在米日系移民の映画需要とアイデンティティ』(新刊)

菅野盾樹『いのちの遠近法 意味と非意味の哲学』(在庫僅少)

上野冨紗子&まちにて冒険隊『認知症ガーデン』(新刊)

村上陽一郎『近代科学と聖俗革命』(在庫僅少)
柿原泰・加藤茂生・川田勝編『村上陽一郎の科学論 批判と応答』(新刊)

といった書籍。ありがたきしあわせ、ずいぶんとりあげてもらいました。

しかし以前と比べ、ずいぶん分厚くなっているような、この特集号。なんと124頁! 324円。
これはどのくらい刷っているかわかりませんがせめて600円ぐらいつけないとやっていけないのではなかろうか?

みすずの「読書アンケート特集」号は、読者サービス号です

と文字を大にして言いたい。 これを読むだけで賢くなった気がするし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月10日 (火)

記事紹介 アズベリー &プローミン『遺伝子を生かす教育』

「能力発揮できる学校に」 福田病院・土屋医師 提言書を翻訳

キャスリン・アズベリー & ロバート・プローミン 著
土屋廣幸 訳『遺伝子を生かす教育』の紹介が熊本日日新聞・2017/1/5付にて掲載されました。記事は森本修代記者。弊社書籍をお取りあげくださいましたこと、こころよりお礼申し下げます。ありがとうございました。

福田病院(熊本市中央区)の土屋廣幸・小児検診部長が翻訳した、英国の行動遺伝学者による本『遺伝子を生かす教育』が出版された。「子どもはみんな同じではなく、一人一人違う。生まれつき持っている能力を発揮できる学校システムが必要だ」と提言する内容だ。

著者は、ヨーク大学のキャスリン・アズベリー講師と、ロンドン大キングスカレッジのロバート・プローミン教授。双子の研究をもとに、読み書きや運動の能力と、遺伝子の関係について調査した。

能力には遺伝性があるものの、「遺伝子がすべてを決定するわけではない」「偶然の経験と組み合わされて作用する」と指摘。子どもが何を楽しんでいるかを見て、「選択をサポートしてほしい」という。

また、「学校でうまく行かなくて、社会に出てからも低い地位のままだった親の子どもたち」にも言及。家庭の経済力が成績にも影響するとして、「恵まれない子どもたちに対する無料の質の高い就学前教育は、学習の機会を平等化するのに役立つ」と強調する。

「新人教師に遺伝学の研修を」など、具体的な教育政策のアイデアも紹介している。


9784788515024

キャスリン・アズベリー & ロバート・プローミン 著
土屋廣幸 訳

遺伝子を生かす教育
――

A5判並製192頁
定価:本2300円+税
発売日 16.11.10

ISBN 978-4-7885-1502-4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月28日 (水)

書評 山本武利著『日本のインテリジェンス工作』 @図書新聞 2017/1/1付

山本武利著『日本のインテリジェンス工作』の書評が、「図書新聞」2017年1月1日号に掲載されました。評者は川成洋氏。ご書評くださいました先生、掲載紙ご担当者様に、心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。

インテリジェンス工作は、「極秘」作戦である

……概して各枢軸国に駐在した外交官や武官たちの情報活動は著しい成果を挙げたことは否定しないが、残念ながら彼らの暗号は瞬時に解読され、日本に不利に作用したのは歴史の皮肉としか言いようがない。本書は、日中・太平洋初期における、日本軍のインテリジェンスの代表的な組織や機関、それに諜報員――陸軍中野学校、中国、満州におけるメディア戦術・戦略、対ソ・インテリジェンス機関としての731部隊、スウェーデン公使館附陸軍武官小野寺信大佐(後に少将)――の実態を。アメリカやオーストラリア情報機関の情報集積・分析の成果を加味して可能な限り詳らかにしている。

ところで、この分野の研究には、重大な桎梏となっているものがある。それは敗戦がはっきりした時点で、おそらくニュルンベルク軍事裁判の轍を踏むまいとしたためか、被告側の証拠になるような公的文書などをことごとく焼却したために、実態の把握はきわめて断片的な、あるいは関係者の個人的な回想に頼らさるを得ないのである。

本書の圧巻は、「北欧の日本陸軍武官の対ソ・インテリジェンス工作」である。……



9784788514997山本 武利 著

日本のインテリジェンス工作
――陸軍中野学校・731部隊・小野寺信

四六判288頁上製
定価:本体2800円+税
発売日 16.11.1

ISBN 978-4-7885-1499-7

関連記事 山本武利著『日本のインテリジェンス工作』 解説 小畑利夫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月26日 (月)

書評 三浦倫平著『「共生」の都市社会学』 朝日新聞2016年の収穫

三浦倫平著『「共生」の都市社会学―下北沢再開発問題のなかで考える』 が、朝日新聞2016年12月25日付「2016年の収穫 心に残る本 書評委員が選んだ「今年の3点」」に掲載されました。評者は武田徹氏。ご書評くださいました先生、書評紙ご担当者様にこころよりお礼申し上げます。ありがとうございました。

かたや高度利用の実現を求め、かたや昔ながらの町並みにこだわる。「変えろ」と「変えるな」がガチにぶつかり膠着しながら都市再開発問題。サブカル都市「下北沢」を事例に住む者だけでなく、文化享受者をもアクターとみなし、それぞれの権益を調整する視点を導入。二項対立からの脱却の糸口を探る。
・・・・・・

ほか
『樺太を訪れた歌人たち』 松村正直著 ながらみ書房
『全裸監督村西とおる伝』 本橋信宏著、太田出版
とともにお選びいただきました。
(村西とおる監督の米国では懲役370年の求刑というのはすごい......)

9784788514706

三浦倫平 著

「共生」の都市社会学
―下北沢再開発問題のなかで考える

A5判上製464頁
定価:本体5200円+税
発売日 16.3.31

ISBN 978-4-7885-1470-6

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧