カテゴリー「新刊」の記事

2017年9月25日 (月)

新刊 ニール・J・サルキンド『統計学のキホンQ&A 100』

9784788515413

ニール・J・サルキンド 著
山田剛史・寺尾敦・杉澤武俊・村井潤一郎 訳

統計学のキホンQ&A 100
――いまさら聞けない疑問に答える

A5判並製196頁
定価:本体1900円+税
発売日 17.9.25

ISBN 978-4-7885-1541-3

見本出来ました。
9月27日ごろ書店に並びます。

はじめに

 ますますデータの重要性が増しているこの世の中において,専門家だけでなく学生も,研究のプロセス,すなわち,最初に問題を設定し,データの分析・解釈をして最終的にレポートにまとめる過程と,その間に行われる全ての事柄について,理解を深めることがこれまでになく重要となっている。

 本書『統計学のキホンQ&A 100』は,研究を進める中で,研究法に関して誰もが疑問に思うであろう最も重要な質問を整理して取り上げ,回答を示すことを目的としている。

 本書を書いたのは,私自身,長年教育に携わる中で,多くの学生のみならず専門家も,どのようなトピックに焦点を定める必要があるのか,詳しい情報をどこで見つけたらよいのかについて,正しく案内してくれる簡潔な概説や本を必要としていることに気づいたからである。  本書は,研究法の重要なトピックについて復習を必要としている人や,この領域の完全な初学者で,何が重要な問題なのか

・・・・・・

《もっと読む 統計学のキホンQ&A 100 はじめに》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月22日 (金)

新刊 J.スミス、S.ハスラム『社会心理学・再入門』

9784788515390

J.スミス、S.ハスラム 編
樋口匡貴・藤島喜嗣 監訳

社会心理学・再入門
――ブレークスルーを生んだ12の研究

A5判並製288頁
定価:本体2900円+税
発売日 17.9.25

ISBN 978-4-7885-1539-0

見本出来ました。
9月27日ごろ書店に並びます。

訳者あとがき

 本書は、Smith, J. R. & Haslam, S. A.(2012)Social Psychology: Revisiting the Classic Studies, SAGEの全訳である。

 本書で取り上げられている研究は、いずれも社会心理学の教科書に頻繁に取り上げられる有名な研究ばかりであるし、中にはテレビ番組などで取り上げられることのある研究もある。したがって、社会心理学者はもとより、心理学を学ぶ学生や一般の人にも馴染みの深い研究であると言えるだろう。

 しかしこれらの古典について、原典をきっちり精読したことのある読者はどれくらいいるだろうか。もしかしたら、それほど多くはないかもしれない。これらの古典について講義をしている社会心理学者の中でも、もしかしたら原典を読んだことがない人もいるかもしれない。恥ずかしながら私も、いくつかの研究については数年前まで原典を精読したことがなかった。

 それはなぜかと考えてみると、まさにこれらの研究が“古典”だからであろう。古典だからこそ多くの教科書で紹介されており、

・・・・・・

《もっと読む 社会心理学・再入門 訳者あとがき》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月21日 (木)

新刊 村上克尚『動物の声、他者の声』

9784788515376

村上克尚 著

動物の声、他者の声
――日本戦後文学の倫理

四六判上製400頁
定価:本体3700円+税
発売日 17.9.25

ISBN 978-4-7885-1537-6

見本出来ました。
9月27日ごろ書店に並びます。

はじめに

 日本は、「大東亜戦争」と呼称した侵略戦争の帰結として、東アジアと太平洋地域に、かつてない規模の殺戮と破壊をもたらした。戦後を生きる人びとに、この事実は大きな思想課題となってのしかかった。欧米において、ナチスのホロコーストの衝撃が、学問や芸術に対して過去のままであることを許さなかったのと同様に、この戦争の記憶は、人びとに分有され、それぞれの領域で暴力への根底的な内省を促したのである。

 そのなかには、文学の創作を通じて、暴力の本質を問い、かつそれを克服するための倫理を見出そうと努めた者たちもいた。日本の文学史では、彼らの達成を「戦後文学」と呼んでいる。

 しかし、私たちは、戦後文学の倫理を正しく受け止められているだろうか。彼らの文学の固有性と正面から向き合う代わりに、なじみやすい倫理を外部から当てはめ、満足してしまっているということはないだろうか。

 ここで言う「なじみやすい倫理」とは、本書でしばしば批判的に

・・・・・・

《もっと読む 動物の声、他者の声 はじめに》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月20日 (水)

新刊 横田正夫『大ヒットアニメで語る心理学』

9784788515420

横田正夫 著

大ヒットアニメで語る心理学
――「感情の谷」から解き明かす日本アニメの特質

四六判並製192頁
定価:本体1800円+税
発売日 17.9.25

ISBN 978-4-7885-1542-0

見本出来ました。
9月27日ごろ書店に並びます。

はじめに

 『君の名は。』と『この世界の片隅に』が大ヒットしたことは記憶に新しい。日本のアニメーションは、これらの作品以外にも毎年たくさん劇場公開されており、話題に上ることも多い。子どもから大人まで巻き込んでしまうことも珍しくない。日本のアニメーションが、ここまで日本の観客に食い込むのかとただ驚くのみである。

 しかしただ驚くだけでよいのだろうか。こうした作品を詳しく分析できれば、これらの作品を受け入れてきた観客の心理に近づくことができるのではなかろうか。なぜならば、作品を見て共感して、リピーターになっている人が多いということであろうから、そこには観客を引き付けるものがあり、観客はそこにのめり込み、魅せられている。魅せられるという状態にならなければ、二度三度観たいとは思わないだろう。もし魅せられる理由がわかれば、今の人々の心理がいくばくか理解できたことになるのではないか。

 これまでアニメーションの研究を続けてきて、キャラクターの特徴や

・・・・・・

《もっと読む 大ヒットアニメで語る心理学 はじめに》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 7日 (木)

新刊 秋田 巌・名取琢自『日本の心理療法 国際比較篇』

9784788515307

秋田 巌・名取琢自 編

日本の心理療法 国際比較篇
――

A5変判並製224頁
定価:本体2800円+税
発売日 17.9.7

ISBN 978-4-7885-1530-7

見本出来ました。
9月6日配本、9月8日ごろ書店に並びます。



 本書『日本の心理療法 国際比較篇』は二〇一一年九月二三日に京都文教大学で開催されたシンポジウムをもとに、各シンポジストが後日あらためて練り直し、執筆した論考を収録したものである。

 ただし「国際比較」とは言っても、単に日本の心理療法を諸外国の現状とを横に並べて比較したものではなく、時間的、空間的、そして、主観的関与の深さにおいて、かなりの広がりを持った内容になっている。

 比較のなかで登場する主な国は日本、スイス、アメリカ、イギリスであり、大きく見ると日本と西洋諸国に根ざした文化とその影響力の比較になっている。中国も、リヒャルト・ウィルヘルムを通してユングに影響を与えた国として、そしてクーグラーと樋口和彦が訪れ、新たな文化的展開の可能性を秘めた場所として登場している。

 時間の広がりとして、一部を時系列順に

・・・・・・

《もっと読む 日本の心理療法 国際比較篇 序》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月28日 (月)

新刊 津田大介・小嶋裕一『[決定版]原発の教科書』

9784788515369

津田大介・小嶋裕一 編

[決定版]原発の教科書
――

A5変判並製360頁
定価:本体2400円+税
発売日 17.9.5

ISBN 978-4-7885-1536-9

見本出来ました。
9月1日配本、9月5日ごろ書店に並びます。

巻頭によせて

津田大介

 突然の連絡だった。2014年3月13日、筆者のメールボックスに経済産業省資源エネルギー庁原子力政策課からメールが届いたのだ。内容は「原子力政策の方向性について意見交換をしたいので、1時間ほど時間を取ってもらえないか」というもの。都合をつけてミーティングを設定すると、原子力政策課長がやってきた。当時は経産省が日本の中長期的なエネルギー政策の方向性を示す「エネルギー基本計画」の策定に向けて検討を進めている段階で、政府原案の一部が示された時期でもあった。

 彼らがメディアに出演している人間をピックアップして、自分たちの進めたい政策について「レク」(大臣やメディア向けの説明)を行う目的で来ることはミーティング前から容易に想像できた(実際に知り合いのメディア関係者にこの件について聞いてみたところ、原子力政策課が数十人単位でレクに回っていることが確認できた)。  彼らが持ってきた資料には、原発の総電力供給力が今後どうなるのか、時系列のグラフで示されていた。原発には40年(長くても60年)という「寿命」があり、

・・・・・・

《もっと読む [決定版]原発の教科書 巻頭によせて》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月25日 (金)

新刊 日本記号学会『セミオトポス12 「美少女」の記号論』

9784788515352_2

日本記号学会 編

セミオトポス12 「美少女」の記号論
――アンリアルな存在のリアリティ

A5判並製242頁
定価:本体2800円+税
発売日 17.8.31

ISBN 978-4-7885-1535-2

見本出来ました。
8月23日配本、8月25日ごろ書店に並びます。

刊行によせて

日本記号学会会長 前川 修

 日本記号学会は毎回、大会テーマとして「エッジな」テーマを議論している。今回選んだテーマは「美少女」である。美少女という記号、美少女という現象、それを真剣に考えてみた。あるときから美少女は巷に漏れ出している。たしかに以前から美少女という語はあったし、美少女と呼ばれる実在/非実在の例は無数にあった。だが以前とはどうやら少々違うこの記号、その蔓延はいったいどういうことなのだろうか。

 そもそも美少女とは誰なのか。

 過去から現在まで、美少女の例を数多く挙げることはできる。物語ならば、神話にはじまり、近代文学を経てラノベ(ライトノベル)にいたるまで、その歴史的展開をひとまずたどってみることができる。イメージならば、美少女をモデルにした絵画作品とか、少女のような映画女優とか、マンガやアニメの美少女キャラクターとかにいたるまで、無数の例をひとは思いつくだろう。あるいは芸能ならば、一九七〇年代以降、

・・・・・・

《もっと読む セミオトポス12 「美少女」の記号論 刊行によせて》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月22日 (火)

新刊 JT生命誌研究館『水と風と生きものと 中村桂子・生命誌を紡ぐ』

9784788515345

JT生命誌研究館・表現を通して生きものを考えるセクター 編

水と風と生きものと 中村桂子・生命誌を紡ぐ
――ドキュメンタリー映画の記録  DVD付

A5判変型並製192頁
定価:本体3600円+税
発売日 17.8.20

ISBN 978-4-7885-1534-5

見本出来ました。
8月18日配本、8月22日ごろ書店に並びます。

前口上

この作品について             藤原道夫[本作監督]

今日は、ようこそこの映画に足を運んで下さいましてありがとうございます。監督の藤原道夫です。この作品はおよそ三年をかけてつくりまして、今日、初めて皆さんに公開することになるわけです。中村桂子先生という希有な科学者、この先生の日頃の活動から広くは哲学までを描くなかなか難しい作品づくりでした。いろんなことを考えまして、いろんな風に迷いまして、今日の結果になりました。三八億年前に、いのちがぽつんと生まれたところから我々までつながっているという壮大な物語であるだけに、映像化するのも苦労しました。

 この映画は、こういう風に観なくてはいけないということや、こういうことを覚えて帰って欲しいという映画ではありません。ただ、いのちというものの在りよう、そして、私たちがこれからをどう生きていったら良いのかということに、ひとつ大きなヒントを投げかけてくれる映画にしたつもりです。考えることよりは、ぜひ感じて帰って頂きたい。どうぞよろしくお願いします。

[ポレポレ東中野 二〇一五年九月一二日初日上映前]


生命誌のお仲間と             中村桂子[本作主演・JT生命誌研究館館長]

 こんなに大勢の方に来て頂いてほんとうにありがとうございます。三年間、藤原監督がとにかく生命誌の仕事を追いかけるから、いつも通りにやってて下さいとおっしゃって、

・・・・・・

《もっと読む 水と風と生きものと 中村桂子・生命誌を紡ぐ 前口上》




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 7日 (月)

新刊 小熊 英二『誰が何を論じているのか』

9784788515314

小熊 英二 著

誰が何を論じているのか
――現代日本の思想と状況

四六判並製554頁
定価:本体3200円+税
発売日 17.8.18

ISBN 978-4-7885-1531-4

見本出来ました。8月10日配本、
お盆明けの、8月17日ごろ書店に並びます。

読者の方々へ

 本書を手に取るのは、どんな人だろう。小熊英二という著者名にひかれた人だろうか。いわゆる「論壇」のマッピングに興味がある人だろうか。近年の時事問題に関心がある人だろうか。あるいはまた、本の編集や講演依頼の企画のために、いろいろな問題の専門家を把握しておきたいという人だろうか。

 目次をご覧いただければわかるように、本書に収録されているのは、さまざまな専門家たちが書いたさまざまな分野の論考にたいする私の論評だ。論評した論考の著者は六〇〇人を超え、あつかった分野も政治・経済・外交・軍事・歴史・法学・哲学など多岐にわたる。本書を通読すれば、あくまで私の視点を通じてだが、日本と世界の諸問題に関する一通りの知識と、専門家の位置取りがわかるだろう。

 私が本書に収録された論評を書いたのは、

・・・・・・

《もっと読む 誰が何を論じているのか 読者の方々へ》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月31日 (月)

新刊 植村玄輝・八重樫 徹・吉川 孝『ワードマップ 現代現象学』

9784788515321

植村玄輝・八重樫 徹・吉川 孝 編著
富山 豊・森 功次 著

ワードマップ 現代現象学
――経験から始める哲学入門

四六判並製318頁
定価:本体2600円+税
発売日 17.8.14

ISBN 978-4-7885-1532-1

見本出来ました。
8月7日ごろ書店に並びます。

まえがき

 現象学とは何か。フッサールの最初期の著作から半世紀も経ってなおこんな問いを発せねばならぬとは、いかにも奇妙なことに思えるかもしれない。それにもかかわらず、この問いはまだまだ解決からはほど遠いのだ。(M・メルロー=ポンティ『知覚の現象学1』竹内芳郎・小木貞孝訳、みすず書房、一九六七年、一頁。)

 メルロ=ポンティがこのように書いてからすでに七〇年以上の歳月が流れたが、「現象学とは何か」は、あいかわらず簡単に答えることができない問題であり続けている。こうした事情の一因は、フッサールによる創始以来、現象学がつねに拡張または拡散を繰り返してきたことにあるだろう。「事象そのものへ!」をモットーとする現象学には、論じられる事象と同じだけ可能性がある。実際、これまでさまざまな学問が現象学の観点・方法を取り込んでおり、『~の現象学』というタイトルの本は枚挙に暇がない。このようにさまざまな展開に対して開かれていることは、間違いなく現象学の魅力の一つで

・・・・・・

《もっと読む ワードマップ 現代現象学 まえがき》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧