« 新刊 島宗 理『応用行動分析学』 | トップページ | 新刊 小林 盾・川端健嗣『変貌する恋愛と結婚』 »

2019年3月29日 (金)

新刊 日本認知科学会『選択と誘導の認知科学』

9784788516182日本認知科学会 監修
山田 歩 著/内村直之 ファシリテータ/植田一博 アドバイザ

選択と誘導の認知科学
――「認知科学のススメ」シリーズ10

四六判並製192頁
定価:本体1800円+税
発売日 2019年4月8日
ISBN 978-4-7885-1618-2


4月3日配本、4月5日頃書店にて発売予定です。

まえがき

 

  ファストフード店で30分くらい過ごし,お店を出たとします。特にその後に予定はありません。なぜ15分でもなく,45分でもなく,30分でお店を出たのでしょう。

 日本では,ガンで命を失うのは避けたいと考えつつ,ガン検診に行かない人がたくさんいます。「行く」と「行かない」の選択肢があるなかで,なぜ「行かない」を選ぶのでしょう。

 ある消費者調査では,買い物客にいくつかのストッキングから一番品質が良いと思うものを選んでもらいました。ストッキングを選んだ理由をたずねたところ,「伸縮性がいいから」といった品質に注目した理由が数多くあがりました。しかし,実はこの調査で使用されたストッキングはすべて同じものでした。わざわざ嘘をつくような状況でもありません。なぜ買い物客はストッキングを選んだ理由を正確に

 

・・・・・・・・

 

《もっと読む 選択と誘導の認知科学 まえがき》

 

|

« 新刊 島宗 理『応用行動分析学』 | トップページ | 新刊 小林 盾・川端健嗣『変貌する恋愛と結婚』 »

新刊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新刊 島宗 理『応用行動分析学』 | トップページ | 新刊 小林 盾・川端健嗣『変貌する恋愛と結婚』 »