« 新刊 ゲルダ・サンダース『記憶がなくなるその時まで』 | トップページ | 新刊 坂本佳鶴恵『女性雑誌とファッションの歴史社会学』 »

2019年3月22日 (金)

新刊 やまだようこ『ことばのはじまり』

9784788516267

やまだようこ 著

やまだようこ著作集第2巻
ことばのはじまり
――意味と表象

A5判上製360頁
定価:本体3600円+税
発売日 2019年3月25日
ISBN 978-4-7885-1626-7


3月27日配本、3月29日頃書店にて発売予定です。


はじめに

 ■ことばが生まれるすじみち  この本は、子どもの0歳から3歳までの日常生活における行動観察をもとに、子どもの心理世界で本質的に何が起こっているのかを探りながら、「ことばが生まれるすじみち」にいくつかの理論的道標をつくることをめざすシリーズの2巻目である。  このシリーズは、母親が日誌に記したひとりの子どもの日常観察をもとに、子どものことばが生まれる生(なま)の現場から、「ことばとは何か」を問いかけるものである。ひとりの子どものことばが生まれる発生過程を、文脈を大切にして詳細に追いかけながら、「ことばとは何か」を根源的に思索し、新たな人間観を照射してみたいと考えている。  本巻では、特に1歳代前半に焦点をあてて、「ことば」が生まれてくるプロセスと、「身のことば」というべき身振りの発生プロセスをたどっていきたい。 ■世界が意味づけられるころ  ことばが生まれるとは、どのような

・・・・・・・・

《もっと読む ことばのはじまり はじめに》

|

« 新刊 ゲルダ・サンダース『記憶がなくなるその時まで』 | トップページ | 新刊 坂本佳鶴恵『女性雑誌とファッションの歴史社会学』 »

新刊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新刊 ゲルダ・サンダース『記憶がなくなるその時まで』 | トップページ | 新刊 坂本佳鶴恵『女性雑誌とファッションの歴史社会学』 »