« 新刊 日本認知科学会『選択と誘導の認知科学』 | トップページ | 新刊 武田俊輔『コモンズとしての都市祭礼』 »

2019年3月30日 (土)

新刊 小林 盾・川端健嗣『変貌する恋愛と結婚』

9784788516304


小林 盾・川端健嗣 編


変貌する恋愛と結婚
――データで読む平成



四六判並製288頁
定価:本体2500円+税
発売日 2019年4月8日
ISBN 978-4-7885-1630-4



4月3日配本、4月5日頃書店にて発売予定です。


はじめに


 



変貌する恋愛と結婚―恋愛の謎、結婚の秘密

 皆さんは、現代の日本社会で恋愛や結婚がどのように行われていると思いますか。恋愛事情や結婚事情に、変化は起きているのでしょうか。少子化はこの先も進むのでしょうか。

 この本では、昭和から平成にかけて、恋愛や結婚をめぐる状況がどのように変貌したのかを、さまざまな角度から考えます。そのために、全国1万2000人を対象としたビッグデータを集めて、恋愛・結婚・家族についての人びとの経験や心理を克明に分析しました。いわば、平成の日本社会のスナップショット集であり、日本初の大規模恋愛レポートとして「日本版キンゼイレポート」といえるかもしれません(キンゼイレポートとは1948年に発表された、アメリカの恋愛事情についてのレポート)。

 恋愛、結婚には、いつでも謎や秘密がつきまといます。たとえば、つぎの文章は、正しいでしょうか、間違っているでしょうか。

Q1 若者は、草食化して恋愛しなくなった。

Q2 結婚した人ほど

 


・・・・・・・・


 


《もっと読む 変貌する恋愛と結婚 はじめに》


 


|

« 新刊 日本認知科学会『選択と誘導の認知科学』 | トップページ | 新刊 武田俊輔『コモンズとしての都市祭礼』 »

新刊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新刊 日本認知科学会『選択と誘導の認知科学』 | トップページ | 新刊 武田俊輔『コモンズとしての都市祭礼』 »