« 新刊 佐藤公治・長橋 聡 『ヴィゴツキーからドゥルーズを読む』 | トップページ | 新刊 香川秀太・有元典文・茂呂雄二 『パフォーマンス心理学入門』 »

2019年3月12日 (火)

新刊 外山紀子・安藤智子・本山方子 『生活のなかの発達』

9784788516236

外山紀子・安藤智子・本山方子 編

生活のなかの発達
――現場主義の発達心理学

A5判並製264頁
定価:本体2200円+税
発売日 2019年3月15日
ISBN 978-4-7885-1623-6


3月15日配本、3月18日頃書店にて発売予定です。


編者まえがき

  食べる、寝る、身支度をする、遊ぶ、学ぶ、働く。人間の一生は、こうした営みを繰り返すことにある。昨日と今日とでは、そこにたいした違いはないようにみえる行動も、長いスパンでみれば、行動そのものだけでなく、意味づけにも、事象や環境とのかかわり方にも大きな変化がある。

 「食べる」をみてみよう。歯の生え具合、咀嚼嚥下の力の加減、姿勢の保持、手先の器用さ等が発達すれば、食べられるものの範囲は広がり、子どもはより自立した食べ手になる。青年期になれば、「食べる」ことは相手との関係をつくり深めたり(あるいは拒否したり)、自己を甘やかしたり(あるいは否定したり)といった意味をもつようにもなる。大人になると、その意味はさらに多様化する。面倒くさくてやっかいなこと、取るに足らないこと、楽しみなこと、人間関係を広げ強める手段、自己抑制・自己制御が

・・・・・・・・

《もっと読む 生活のなかの発達 編者まえがき》

|

« 新刊 佐藤公治・長橋 聡 『ヴィゴツキーからドゥルーズを読む』 | トップページ | 新刊 香川秀太・有元典文・茂呂雄二 『パフォーマンス心理学入門』 »

新刊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新刊 外山紀子・安藤智子・本山方子 『生活のなかの発達』:

« 新刊 佐藤公治・長橋 聡 『ヴィゴツキーからドゥルーズを読む』 | トップページ | 新刊 香川秀太・有元典文・茂呂雄二 『パフォーマンス心理学入門』 »