« 書評 西迫大祐 著『感染症と法の社会史──病がつくる社会』@「ふらんす」2019年2月号 | トップページ | 新刊 松本健太郎 『デジタル記号論』 »

2019年2月 1日 (金)

新刊 大野光明・小杉亮子・松井隆志 『運動史とは何か』

9784788516090

大野光明・小杉亮子・松井隆志 編

運動史とは何か
――社会運動史研究1

A5判並製144頁
定価:本体1500円+税
発売日 2019年2月15日
ISBN 978-4-7885-1609-0


2月5日配本、2月7日頃書店にて発売予定です。


【特集 運動史とは何か】

 特集にあたって  社会運動史研究をめぐる新たなメディアをスタートするにあたり、社会運動史とは何か、どのような方法と視座から書かれてきたのか、そして、社会運動史研究にどのような意味と課題があるのかなど、根本的な問いを避けて通ることはできない。本特集はこれらの問いに正面から向き合い、知見を共有し、社会運動史研究の現在地を多角的に示すことを試みる。 まず、このメディアの発起人の松井隆志、小杉亮子、大野光明による論考は、自らが考える社会運動史研究の方法と枠組みを、それぞれの研究・運動経験に触れながら

・・・・・・・・

《もっと読む 運動史とは何か 【特集 運動史とは何か】》

|

« 書評 西迫大祐 著『感染症と法の社会史──病がつくる社会』@「ふらんす」2019年2月号 | トップページ | 新刊 松本健太郎 『デジタル記号論』 »

新刊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新刊 大野光明・小杉亮子・松井隆志 『運動史とは何か』:

« 書評 西迫大祐 著『感染症と法の社会史──病がつくる社会』@「ふらんす」2019年2月号 | トップページ | 新刊 松本健太郎 『デジタル記号論』 »