« 重版中 2月12日出来 友田明美・藤澤玲子 著 『虐待が脳を変える』 | トップページ | 新刊 大野光明・小杉亮子・松井隆志 『運動史とは何か』 »

2019年1月31日 (木)

書評 西迫大祐 著『感染症と法の社会史──病がつくる社会』@「ふらんす」2019年2月号

西迫大祐 著感染症と法の社会史――病がつくる社会

の書評が「ふらんす」2019年2月号にて掲載されました。
評者は小倉孝誠氏。評者の先生、掲載誌ご担当者さまにはお礼申し上げます。ありがとうございました。

病からみる都市統治の原理
本書は18世紀-20世紀初頭のフランスを舞台にして、感染症と社会の関係を問いかけた手堅い研究である。フーコーの〈生=権力論〉を踏まえつつ、病が同時代人にどのように認識され、それが都市の法や統治にいかに波及したかを明らかにしようとする......

掲載誌 書評へ ふらんす 書評
西迫大祐『感染症と法の社会史:病がつくる社会』 [評者]小倉孝誠氏

9784788515895

西迫大祐 著

感染症と法の社会史
――病がつくる社会

A5判上製388頁
定価:本体3600円+税
発売日 2018年8月31日
ISBN 978-4-7885-1589-5

|

« 重版中 2月12日出来 友田明美・藤澤玲子 著 『虐待が脳を変える』 | トップページ | 新刊 大野光明・小杉亮子・松井隆志 『運動史とは何か』 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/67646828

この記事へのトラックバック一覧です: 書評 西迫大祐 著『感染症と法の社会史──病がつくる社会』@「ふらんす」2019年2月号:

« 重版中 2月12日出来 友田明美・藤澤玲子 著 『虐待が脳を変える』 | トップページ | 新刊 大野光明・小杉亮子・松井隆志 『運動史とは何か』 »