« 新刊 熊谷高幸『「心の理論」テストはほんとうは何を測っているのか?』 | トップページ | 新刊 ティム・ラプリー『会話分析・ディスコース分析・ドキュメント分析』 »

2018年10月 1日 (月)

新刊 原田広美『漱石の〈夢とトラウマ〉』

9784788515987

原田広美 著

漱石の〈夢とトラウマ〉
――母に愛された家なき子

四六判並製288頁
定価:本体2800円+税
発売日 2018年10月5日
ISBN 978-4-7885-1598-7


10月3日配本、10月5日頃書店にて発売予定です。


はじめに(一部抜粋)

 私は「フロイトが患者の夢を聞くようにして」漱石を読んだ。テクスト論の時代を経たと言えども、やはり作品は、作者の深層を映している。だから私は、作品から漱石の深層を読み解くようにして漱石を読んだ。その理由として、十代の頃に初めて私が漱石に触れて強い感銘を受けた作品は『こころ』であったが、その後、心理療法家としての私が、評論の対象として、初めに関心を寄せた漱石の作品は『夢十夜』であったということもある。漱石の深層心理に触れてみたくなったのだ。

 振り返れば、『夢十夜』についてのこのような発想を最初に私に与えたのは、十代の頃に読んだ江藤淳の「『夢十夜』で露呈された漱石の低音部」などという記述であったと思う。また、私は精神分析医ではないが、心理療法家として、「夢」について

・・・・・・・・

《もっと読む 漱石の〈夢とトラウマ〉 はじめに(一部抜粋)》

|

« 新刊 熊谷高幸『「心の理論」テストはほんとうは何を測っているのか?』 | トップページ | 新刊 ティム・ラプリー『会話分析・ディスコース分析・ドキュメント分析』 »

新刊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/67227921

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊 原田広美『漱石の〈夢とトラウマ〉』:

« 新刊 熊谷高幸『「心の理論」テストはほんとうは何を測っているのか?』 | トップページ | 新刊 ティム・ラプリー『会話分析・ディスコース分析・ドキュメント分析』 »