« 書評 ジャン=フランソワ・ドルティエ 著/鈴木光太郎 訳 『ヒト、この奇妙な動物──言語、芸術、社会の起源』 | トップページ | 書評 塙 幸枝 著『障害者と笑い』 »

2018年10月23日 (火)

新刊 中村桂子『和 なごむ やわらぐ あえる のどまる』

9784788516007

中村桂子 編

和 なごむ やわらぐ あえる のどまる
――

A5変型判並製212頁
定価:本体1600円+税
発売日 2018年11月1日
ISBN 978-4-7885-1600-7


10月25日配本、10月29日頃書店にて発売予定です。


はじめに

  ある時、名詞でなく動詞を思い浮べた方が頭が動き始めることに気づき「生命誌」について考える時は「生命」でなくそれを生み出す動詞に注目することにしました。毎年、その年の動詞をきめるようになって十五年、年末は集まって次の言葉を選ぶのが年中行事として定着してきたところでした。

 まず、いのちを感じさせること、今とても大切なことを浮び上らせること・・・そんな気持で選ぶのですが、今年はどうしてもそこに「和」という文字が出てきてしまうのでした。心の奥に平和を考えなければいけないという気持があってのことです。でも生命と同じで、平和も名詞として口にしてもそれでどうなるものでもないという少し空しい気持になる言葉です。実は、和という文字はやまとことばでは、なごむ、やわらぐなど

・・・・・・・・

《もっと読む 和 なごむ やわらぐ あえる のどまる はじめに》

|

« 書評 ジャン=フランソワ・ドルティエ 著/鈴木光太郎 訳 『ヒト、この奇妙な動物──言語、芸術、社会の起源』 | トップページ | 書評 塙 幸枝 著『障害者と笑い』 »

新刊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/67304709

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊 中村桂子『和 なごむ やわらぐ あえる のどまる』:

« 書評 ジャン=フランソワ・ドルティエ 著/鈴木光太郎 訳 『ヒト、この奇妙な動物──言語、芸術、社会の起源』 | トップページ | 書評 塙 幸枝 著『障害者と笑い』 »