« 新刊 西迫大祐『感染症と法の社会史』 | トップページ | 書評 金菱清ゼミ編『呼び覚まされる霊性の震災学』@朝日新聞「ひもとく 災害と風評」 »

2018年9月 2日 (日)

新刊 日本記号学会『賭博の記号論』

9784788515918

日本記号学会 編

賭博の記号論 セミオトポス13
――賭ける・読む・考える

A5判並製184頁
定価:本体2600円+税
発売日 2018年8月31日
ISBN 978-4-7885-1591-8


9月4日配本、9月6日頃書店にて発売予定です。


刊行によせて 

日本記号学会会長 前川 修


叢書セミオトポス13『賭博の記号論』は、二〇一六年に大阪大学で開催された日本記号学会第三六回大会の内容を元にしている。



今回は「賭博」がテーマである。

今から思いかえしてみれば、この大会を開催した二〇一六年は、メディアで賭博がことさら話題になった年だった。オリンピック代表になっていた某競技のスポーツ選手たちが違法カジノでの賭博を理由に処分されたり、プロ野球選手「自身」による野球賭博が発覚したりなど、相次いで賭博がらみのニュースが報道された―「カジノ法案」とも呼ばれるIR推進法が国会で可決されたのもこの年であった。報道では、これらの事件へのコメントとして、スポーツ選手における善悪判断の欠如とか、スポーツ界のタニマチ的体質の問題とかが、その真偽が確認される間もないまま、主張され

・・・・・・・・

《もっと読む 賭博の記号論 刊行によせて》

|

« 新刊 西迫大祐『感染症と法の社会史』 | トップページ | 書評 金菱清ゼミ編『呼び覚まされる霊性の震災学』@朝日新聞「ひもとく 災害と風評」 »

新刊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/67126879

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊 日本記号学会『賭博の記号論』:

« 新刊 西迫大祐『感染症と法の社会史』 | トップページ | 書評 金菱清ゼミ編『呼び覚まされる霊性の震災学』@朝日新聞「ひもとく 災害と風評」 »