« 新刊 杉浦 京子・金丸 隆太『はじめての描画療法』 | トップページ | 新刊 日本記号学会『賭博の記号論』 »

2018年8月31日 (金)

新刊 西迫大祐『感染症と法の社会史』

9784788515895

西迫大祐 著

感染症と法の社会史
――病がつくる社会

A5判上製388頁
定価:本体3600円+税
発売日 2018年8月31日
ISBN 978-4-7885-1589-5


9月4日配本、9月6日頃書店にて発売予定です。


はじめに 

  本書は、人々が感染症を予防するためにつくりだした法や規則の歴史をたどる。

 感染症の歴史については、これまで多くの本が書かれてきた。読者の多くはW・H・マクニールの『疫病と世界史』や、ジャレド・ダイヤモンドの『銃・病原菌・鉄』、村上陽一郎の『ペスト大流行』などを想起するかもしれない。これらの本では、感染症が、人類や歴史的な出来事にいかなる影響を与えたのかが問題にされている。スペイン人のメキシコ征服に感染症が一役かっていなかったか、アメリカ大陸からやってきた感染症はヨーロッパ文明にどのような影響を与えたのか、ぺストが中世にどのような影響を与えたかなど、当時では分からなかった病原菌や感染経路などの知識を駆使して歴史の謎が紐解かれている。

 こうした歴史書に馴染み深い

・・・・・・・・

《もっと読む 感染症と法の社会史 はじめに 》

|

« 新刊 杉浦 京子・金丸 隆太『はじめての描画療法』 | トップページ | 新刊 日本記号学会『賭博の記号論』 »

新刊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/67115613

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊 西迫大祐『感染症と法の社会史』:

« 新刊 杉浦 京子・金丸 隆太『はじめての描画療法』 | トップページ | 新刊 日本記号学会『賭博の記号論』 »