« 書評 『ヒト、この奇妙な動物』 讀賣新聞 2018年6月24日付 | トップページ | ◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第181号■ »

2018年7月 2日 (月)

記事紹介 岸政彦著『はじめての沖縄』 6月30日付日本経済新聞

岸政彦著『はじめての沖縄』 の紹介が6月30日付、日本経済新聞書評欄に掲載されました。掲載紙ご担当者さまにこころよりお礼申し上げます。

ありがとうございました。
・・・・・・親切にするために、無意味な規則を破る。自分のルールで人に優しくする。「自治の感覚」を持つ人が沖縄にはたくさんいる。なぜなのか。

著者は沖縄がたどってきた歴史に目を向ける。戦争中の体験だけでなくその前後の生活史全体を聞き取る。そして見いだされた「社会秩序が一時的に解体した経験」が、沖縄にある自治の感覚の原点ではと考える。
めんどうくさい本であるとともに「『役に立つ』本ではない」とも記されている。沖縄の時事や歴史の解説が欲しいなら、確かにそうだ。ここにあるのは、境界線上の真上で考え続けるために必要な視座だ。








9784788515628

岸政彦 著
はじめての沖縄
――

 

 四六判並製240頁

 

定価:本体1300円+税
発売日 2018年5月5日
ISBN 978-4-7885-1562-8





|

« 書評 『ヒト、この奇妙な動物』 讀賣新聞 2018年6月24日付 | トップページ | ◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第181号■ »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/66892922

この記事へのトラックバック一覧です: 記事紹介 岸政彦著『はじめての沖縄』 6月30日付日本経済新聞:

« 書評 『ヒト、この奇妙な動物』 讀賣新聞 2018年6月24日付 | トップページ | ◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第181号■ »