« 紹介 『東大闘争の語り 社会運動の予示と戦略』 @東京中日新聞夕刊 2018年5月13日付「大波 小波」 | トップページ | 書評 岸政彦著『はじめての沖縄』 6月16日付朝日新聞 »

2018年6月15日 (金)

新刊 日本認知科学会『インタラクションの認知科学』

9784788515819

日本認知科学会 監修
今井倫太 著・内村直之 ファシリテータ
植田一博 アドバイザ

インタラクションの認知科学
――「認知科学のススメ」シリーズ 8

四六判並製136頁
定価:本体1600円+税
発売日 2018年6月22日
ISBN 978-4-7885-1581-9


6月20日配本、6月22日発売予定です。


まえがき

 人は赤ん坊のときから両親や様々な人とインタラクションすることで成長していきます。生活の中でも友達・先生・同僚・上司と日々インタラクションしながら、学んだり、助け合ったり、ときには喧嘩したりと、人と人がお互いに関わり合いながら社会を構成しています。誰かとインタラクションできる人の知性や能力を知ることも、認知科学という人の知的活動の仕組みを明らかにする学問の重要なテーマです。本書は、人とインタラクションできるロボットを題材として、ロボットに必要な仕組みを考えながら、人が行うインタラクションの仕掛けを紐解いていきます。

 インタラクションの認知科学を考える上で、なぜロボットを引き合いに出すのかをまず説明しましょう。スムーズにインタラクションが行われるためには、

・・・・・・・・

《もっと読む インタラクションの認知科学 まえがき》

|

« 紹介 『東大闘争の語り 社会運動の予示と戦略』 @東京中日新聞夕刊 2018年5月13日付「大波 小波」 | トップページ | 書評 岸政彦著『はじめての沖縄』 6月16日付朝日新聞 »

新刊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/66832524

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊 日本認知科学会『インタラクションの認知科学』:

« 紹介 『東大闘争の語り 社会運動の予示と戦略』 @東京中日新聞夕刊 2018年5月13日付「大波 小波」 | トップページ | 書評 岸政彦著『はじめての沖縄』 6月16日付朝日新聞 »