« 新刊 村瀬孝生『増補新版 おばあちゃんが、ぼけた。』 | トップページ | 新刊 小杉亮子『東大闘争の語り』 »

2018年5月 7日 (月)

新刊 小熊英二『決定版 日本という国』

9784788515673小熊英二 著

決定版 日本という国
――



四六判並製200頁
本体1400円+税
発売日 2018年5月5日
ISBN 978-4-7885-1567-3 C0095

5月2日配本、7日頃より書店店頭に並びます

あとがき

 
  この本が最初に出版されたのは、二〇〇六年でした。編集の方からの依頼は、「日本という国」の成り立ちを、一〇代にわかってもらえる本を書いてほしいということでした。

 その二〇〇六年から、一二年がたちました。その間に日本社会も、日本をとりまく世界も、大きく変わりました。

 日本社会についていえば、「格差社会」という言葉が流行語大賞にあがったのが、ちょうど二〇〇六年でした。それから世界金融危機がおこり、政権交代があり、震災と原発事故がおきました。二〇〇六年には、スマートフォンも発売されておらず、YouTubeもできたばかりでした。

 また日本の国際的位置も、変わりました。たとえばドルで換算した中国のGDPは、二〇〇〇年には日本の約四分の一でした。それが二〇一〇年には日本を抜き、二〇一七年には日本の三倍近くになりました。そのほかにも、この一〇年の世界の変化には、講演や国際会議などで他国に行くたびに目をみはります。

 しかし、日本の社会や国際的位置は大きく変わったけれど、変わっていないことがあります。それはこの本であつかった、明治からの近代化のあり方と、戦後からのアメリカとの関係です。

 明治からの近代化のあり方は、いまでも日本に影響をのこしています。西洋に追いつき、追いこせ。植民地にされないために、強く豊かにならなくてはいけない。一言でいえば、

・・・・・・・・

《もっと読む 決定版 日本という国 あとがき》

 

◆他の「よりみちパン!セ」シリーズ

|

« 新刊 村瀬孝生『増補新版 おばあちゃんが、ぼけた。』 | トップページ | 新刊 小杉亮子『東大闘争の語り』 »

新刊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/66693521

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊 小熊英二『決定版 日本という国』:

« 新刊 村瀬孝生『増補新版 おばあちゃんが、ぼけた。』 | トップページ | 新刊 小杉亮子『東大闘争の語り』 »