« 紹介 神谷悠介著『ゲイカップルのワークライフバランス』 | トップページ | 特集対談=小杉亮子×福岡安則 『東大闘争の語り』 »

2018年5月29日 (火)

◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第181号■

2018年5月25日発行
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第181号■
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
◇トピックス
______________________________
 
◇書評・紹介
神谷悠介著『ゲイカップルのワークライフバランス』、週刊読書人5月15日付けにて紹介されました「ワークライフバランスが登場した経緯を踏まえるならば、ワークライフバランスに関して、様々なマイノリティが抱える問題も扱う必要があるのではないか」

◇フェア情報
 
ジュンク堂書店池袋本店企画
「心理学を学ぶひとへー公認心理師へ向けて」
5月7日(月)~6月24日(日)
ジュンク堂書店池袋本店4階フェアコーナー/公認心理師試験にむけ、初学者から公認心理師を目指す方まで参考になる心理学書を集めたフェア
 
ジュンク堂書店大阪本店2階フェアコーナー
「ビジネスマンのための役立つ心理学書フェア」
5/1(火)~6/30(土)
開催中です
 
ジュンク堂書店福岡店 2階フェアコーナー
「文庫・新書で読む心理学&おすすめの心理学入門書フェア」

心理学書販売研究会13社厳選の「専門書」とジュンク堂書店福岡店が厳選した「文庫・新書」が一堂に会しました! 
2018年5月1日(火)~5月31日(木)
https://twitter.com/kongoshuppan/status/993753889861091329
 
◇お知らせ
 
「よりみちパン!セ」シリーズ 再スタートしました
「学校では教えてくれなかった」生きるための知恵の数々を、第一線の書き手が書き下ろす、〈中学生以上すべての人のための〉ノンフィクションシリーズ「よりみちパン!セ」が、装いもあらたに、弊社から再スタートされます!岸政彦氏書下ろし新刊第1弾のほか、増補改訂版5点を復刊いたしました。
 
 
シリーズ再スタートを記念して下記、各講演会を行います。
ぜひお越しください。
 
●6月9日(土)14時~ 「マジョリティとはだれか」(信田さよ子さん)
@八重洲ブックセンター(八重洲)
http://www.yaesu-book.co.jp/events/talk/14035/
●6月17日(日)14時あるいは15時~@ジュンク堂書店(那覇)
「ほんとうの沖縄、ふつうの沖縄」(新城和博さん)
 
●6月30日(土)13時~@スタンダードブックストア(心斎橋)
(立岩真也さん)
 
●7月21日(土)17時~@蔦屋(梅田)
「はじめての大阪」(柴崎友香さん さきの字は大ではなく立)
 
●8月3日(金)19時~@紀伊國屋ホール(新宿)
「欲望すること/されることのキモさについて」(川上未映子さん)
 
______________________________
 
◇近刊情報
______________________________
 
6月上旬発売予定
------------------------------------------------------------
『ワードマップ 21世紀の文化人類学』 (仮)
──新しいパラダイムのために
------------------------------------------------------------
前川啓治・箭内匡ほか著
四六判並製384頁・予価2800円+税
ISBN 978-4-7885-1582-6 C1030
分野=文化人類学・現代思想・社会問題
いま世界の人類学者が考えていること
かつて思想界をリードした文化人類学は、一九九〇年代のクリフォード=マーカス『文化を書く』での民族誌の記述をめぐる批判以降、低迷してきましたが、今また新たな胎動期を迎えました。本書は批判に鍛え直されて生まれ変わった新しい人類学を紹介します。グローバル化する現代において、人類学の古典的対象(未開社会、呪術、儀礼など)は消え失せましたが、「開発」「災害」「リスク」「コモンズ」「アソシエーション」「差別」「病気」「景観」「超越論」などの現代的なキーワードを手がかりに、「21世紀の人類学」のパラダイムを提示し、魅力的で生産的な民族誌の具体例を示します。いま考えうる最も充実した「現代文化人類学入門」です。
 
ワードマップシリーズ
 
 
6月中旬発売予定
------------------------------------------------------------
『インタラクションの認知科学』 (仮)
──「認知科学のススメ」シリーズ 8
------------------------------------------------------------
 
日本認知科学会 監修
今井倫太 著/ファシリテータ 内村直之
アドバイザ 植田一博 
四六判並製144頁・本体1600円+税
ISBN 978-4-7885-1581-9 C1011
分野=認知科学・工学・心理学・社会学
AIだけではロボットは作れない
いまや街でロボットに出会うことは珍しくありません。ところが話しかけてもどこかぎこちない……。話題がかみ合わず感情を込めて盛り上がる会話もできません。人を超えるAIが喧伝される一方、人とロボットのインタラクション(相互行為)が円滑ではないのはなぜでしょうか。著者は、人の認知特性に合わせて、注意を使えるロボットや状況を共有するロボットなどを開発することで、人となめらかにやりとりできるロボットの条件を明らかにしていきます。ロボットが人間社会の一員として溶け込んで暮らす未来も垣間見える認知科学研究への招待です。著者は慶應義塾大学教授。
 
 
______________________________
 
 
編集後記
 
行定 勲監督、二階堂ふみ主演、映画「リバーズ・エッジ」の公開にあわせて、弊社では『エッジ・オブ・リバーズ・エッジ』を刊行したのですが、この際、上映館で書籍を展示販売してもらおうといろいろ動きました。上映館に商品を卸す問屋さんとの取引開始がたいへんでして、にべもなく断られたりして結構へこみました。今後の取引もなく、この案件一回きりの会社と口座を開くのは私が担当でもやらないかもしれません。
 
そしてなんとか上映のTOHO関連の会社の、ご担当者さんのご厚意でおいていただくことに相成りました。しかし実際は上映期間というのが重要でありまして、映画の興行の世界は、お客さんがこないとあっという間に別の映画に切り替えてしまうという、上映館の力が非常に強い世界なのでした。これがまあ本当にシビアで1週間しかやってないんじゃないかと思われる映画館もありました。これは書籍の世界でいう即返(新刊本が書店に入ってすぐ返品されること)に近いなあ、と思ったり。
 
映画の世界でもうひとつすごいと思うのは、プロモーション。映画を売るためにかなりの宣伝費をかけるところ。これは予算規模がまったくちがうので、一緒にしてはいけないのですが、本の世界も見習うところがあると思いました。
 
書籍の世界でもロングセラー、定番が出にくいといわれてます。映画の世界を横目でみながら、社会環境なり時勢にあわせた書籍販売、単館上映から話題をよんで上映館を増やしていくような、を夢見たいと思いました。(中山)
______________________________
 
◇奥付
______________________________
 
□電子メールマガジン:「新曜社<新刊の御案内> 」(不定期発行)
□HPアドレス http://www.shin-yo-sha.co.jp/
□blog:新曜社通信 http://shin-yo-sha.cocolog-nifty.com/
□twitterもよろしく:http://twitter.com/shin_yo_sha
□このメルマガは『まぐまぐ』を利用して発行しています。
□購読・解除・変更手続きは http://www.mag2.com/ より行って下さい。
□掲載された内容を許可無く転載することを禁じます。
□発行:株式会社新曜社 営業部
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-9 第一丸三ビル
電話  03(3264)4973(代)
FAX 03(3239)2958
e-mail info@shin-yo-sha.co.jp
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
次回発行は2018年6月中旬を予定しております。
 

|

« 紹介 神谷悠介著『ゲイカップルのワークライフバランス』 | トップページ | 特集対談=小杉亮子×福岡安則 『東大闘争の語り』 »

新刊案内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/66772702

この記事へのトラックバック一覧です: ◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第181号■:

« 紹介 神谷悠介著『ゲイカップルのワークライフバランス』 | トップページ | 特集対談=小杉亮子×福岡安則 『東大闘争の語り』 »