« 新刊 山本 馨 『地域福祉実践の社会理論』 | トップページ | 新刊 苧阪直行・越野英哉『社会脳ネットワーク入門』 »

2018年3月26日 (月)

新刊 帯刀益夫『利己的細胞』

9784788515772

帯刀益夫 著

利己的細胞
――遺伝子と細胞の闘争と進化

 

四六判並製288頁
定価:本体2600円+税
発売日 18.4.5
ISBN 978-4-7885-1577-2

4月3日配本 4月6日発売予定です。


はじめに 

  宇宙論では、「我々がここにいて観測できるように世界は微調整されている」という仮説を「人間原理」と呼んでいます。最近の宇宙論では、ユニバースだけでなく、マルチバース、つまりたくさんの宇宙が並行して存在し、その中に、知能を持つ「生命体」が生まれたことで観測ができるようになった宇宙が、ユニバースとしてその実在が確認されるという説もあります。このような宇宙論の暫定的定義によれば、「生命体」なるものは、「ダーウィン進化が可能な化学システム」ということになるといいます。

 我々人間は、この「生命体」の1つの姿としてこの宇宙に存在しています。リチャード・ドーキンスは、『利己的遺伝子』( The Selfish Gene )の冒頭で、「ある惑星上で知的な生物が成熟したといえるのは、その生物が自己の存在理由をはじめてみいだしたときである」と述べ、地球外生物と邂逅できるようになった時、

・・・・・・・・

《もっと読む 利己的細胞 はじめに》

|

« 新刊 山本 馨 『地域福祉実践の社会理論』 | トップページ | 新刊 苧阪直行・越野英哉『社会脳ネットワーク入門』 »

新刊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/66540649

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊 帯刀益夫『利己的細胞』:

« 新刊 山本 馨 『地域福祉実践の社会理論』 | トップページ | 新刊 苧阪直行・越野英哉『社会脳ネットワーク入門』 »