« 新刊のご案内 『エッジ・オブ・リバーズ・エッジ』最果タヒ・滝口悠生・大島智子・西島大介・ 小沢健二・二階堂ふみ・玉城ティナ他著 | トップページ | 新刊 ハンス=ジョージ・メラー/吉澤夏子『ラディカル・ルーマン』 »

2018年1月30日 (火)

新刊 神田孝治・遠藤英樹・松本健太郎 『ポケモンGOからの問い』

9784788515598

神田孝治・遠藤英樹・松本健太郎 編

ポケモンGOからの問い
――拡張される世界のリアリティ


A5判並製256頁
定価:本体2600円+税
発売日 18.1.31
ISBN 978-4-7885-1559-8

1月31日配本、2月2日発売予定です。


はじめに より抜粋

 ポケモンGOの社会的影響としては、人びとを新たに連帯させるその統合作用を肯定的に(場合によっては楽観的に)批評するものも散見された。
だが、各所の言説において強調されていたのは、むしろそのネガティヴな影響であったともいえる。実際にポケモンGOは、その人気ぶりから一躍脚光を浴びつつも、他方では無数の社会問題を惹起するに至った。こうした問題のなかでとくに顕在化することになったのは、画面に意識を固定されたプレイヤーの行為と、その画面外における社会とのあいだに生じたある種の「軋轢」であった。「歩きスマホの禁止」が社会のいたるところで啓発される現在、たえまなく画面をタップしフリックするプレイヤーが公共空間を闊歩する。しかもそのプレイヤーは、画面内の記号群の挙動に集中しながら、空間の移動に従事するわけである。過去には類例のなかった大勢のプレイヤーによるこうした行為が、その他の人びとに違和感を覚えさせたり、社会的規範と抵触させたり、さらには新たな危険を生じさせたりしたのである。

・・・・・・

《もっと読む ポケモンGOからの問い はじめに》

|

« 新刊のご案内 『エッジ・オブ・リバーズ・エッジ』最果タヒ・滝口悠生・大島智子・西島大介・ 小沢健二・二階堂ふみ・玉城ティナ他著 | トップページ | 新刊 ハンス=ジョージ・メラー/吉澤夏子『ラディカル・ルーマン』 »

新刊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/66339510

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊 神田孝治・遠藤英樹・松本健太郎 『ポケモンGOからの問い』:

« 新刊のご案内 『エッジ・オブ・リバーズ・エッジ』最果タヒ・滝口悠生・大島智子・西島大介・ 小沢健二・二階堂ふみ・玉城ティナ他著 | トップページ | 新刊 ハンス=ジョージ・メラー/吉澤夏子『ラディカル・ルーマン』 »