« 村上克尚著『動物の声、他者の声』2017年下半期アンケート@図書新聞 | トップページ | 村上克尚著『動物の声、他者の声』 読書委員が選ぶ 2017年の3冊 @読売新聞 »

2017年12月19日 (火)

新刊 クリッチリー『ボウイ』

9784788515543_2

サイモン・クリッチリー 著 / 田中純 訳

ボウイ
──その生と死に

四六変形並製256頁
定価:本体2000円+税
発売日 17.12.25
ISBN 978-4-7885-1554-3

見本出来ました。
12月25日ごろ書店に並びます。

訳者あとがき(一部抜粋)

「ボウイのアルバムのような書物を書きたい」と、ひそかに思い続けてきた。

 著者クリッチリー氏はこの本で、わたしのそんなあこがれを達成している――しかも、デヴィッド・ボウイそのひとを論じることによって。ひとつひとつの章は短く、それこそボウイの歌一曲を聴くうちに読み進められそうだけれど、そんなほんのちょっとしたあいだに、ボウイの音楽をめぐる自分の記憶や感情を揺さぶられる閃光のような瞬間が幾度もあった。これは国際的に知られた哲学者によるボウイ論であり、高度に知的で刺激的な分析を繰り広げながら、音楽のビートのように肉体でじかに感じ取られるスリリングな緊張を孕んでいる。この翻訳が本書のそうした魅力を伝えるものであることを願う。

 誤解のないようにまず述べておけば、これはボウイの評伝ではない。本書のもとになった『ボウイ』初版をめぐるインタヴューで、執筆の動機を尋ねられた著者は、聞き手である友人の哲学者キース・アンセル=ピアソンに対し、次のように答えている――

「『ボウイ』におけるわたしの目的はとてもシンプルだ。音楽ジャーナリズムでも、

・・・・・・

《もっと読む ボウイ 訳者あとがき(一部抜粋)》

|

« 村上克尚著『動物の声、他者の声』2017年下半期アンケート@図書新聞 | トップページ | 村上克尚著『動物の声、他者の声』 読書委員が選ぶ 2017年の3冊 @読売新聞 »

新刊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/66176199

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊 クリッチリー『ボウイ』:

« 村上克尚著『動物の声、他者の声』2017年下半期アンケート@図書新聞 | トップページ | 村上克尚著『動物の声、他者の声』 読書委員が選ぶ 2017年の3冊 @読売新聞 »