« 新刊 友田明美・藤澤玲子『虐待が脳を変える』 | トップページ | あけましておめでとうございます »

2017年12月27日 (水)

新刊 川端亮・稲場圭信『アメリカ創価学会における異体同心』

9784788515529

川端亮・稲場圭信 著

アメリカ創価学会における異体同心
――二段階の現地化

四六判並製208頁
定価:本体1600円+税
発売日 18年1月15日

ISBN 978-4-7885-1552-9

見本出来ました。
1月11日ごろ書店に並びます。

はじめに

 創価学会は、わが国でもっとも有名で、最大の新宗教教団である。その会員数は827万世帯と公表されている(創価学会広報室 2017:21)。

 創価学会は、日本国内で抜きん出て規模が大きいのみならず、創価学会インタナショナル(Soka Gakkai International:SGI)として海外でも活動を行っていることは、一般にはそれほど知られていないだろう。その規模は、現在、世界192ヵ国・地域にわたり、およそ220万人の会員を擁するまでになっている(創価学会広報室 2017:26)。国連加盟国数が193ヵ国であることからも、SGIの広がりが、ほとんど全世界に及ぶと言ってよいことがわかるだろう。

 日本の他の宗教教団も、新宗教に限らず、神道も仏教も、日本人が海外に移民を始めた明治時代以降、海外布教を行ってきた。しかし、一部を除いては、海外で移民した日本人以外に信徒を獲得することが少なかった。つまり、現地の人々にはほとんど広まらなかった。

 アメリカ合衆国においても、1885年にハワイへの官約移民(ハワイ政府と日本政府の間の条約に基づく移民)が始まり、その後、日本人の移住先が西海岸へ展開する中で、神道、浄土真宗、浄土宗などがアメリカ合衆国で布教を始めた。しかしながら、現地のアメリカ人にこれらの神道や仏教、新宗教が浸透する事例はあまり

・・・・・・

《もっと読む アメリカ創価学会における異体同心 はじめに》

 

◆関連書
アメリカ創価学会〈SGI‐USA〉の55年 目次

|

« 新刊 友田明美・藤澤玲子『虐待が脳を変える』 | トップページ | あけましておめでとうございます »

新刊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/66205030

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊 川端亮・稲場圭信『アメリカ創価学会における異体同心』:

« 新刊 友田明美・藤澤玲子『虐待が脳を変える』 | トップページ | あけましておめでとうございます »