« 2017年11月 | トップページ

2017年12月

2017年12月 6日 (水)

新刊のご案内 『ボウイ──その生と死に』サイモン・クリッチリー 著 / 田中純 訳

Bowie3

新刊のご案内

『ボウイ──その生と死に』

サイモン・クリッチリー 著 / 田中 純 訳

四六変形並製256頁
定価:本体2000円+税
発売日 17.12.25
ISBN 978-4-7885-1554-3

15日見本、25日配本にて進行中です。

帯には坂本龍一氏から推薦文。

扉写真は鋤田正義氏、ブックデザインは祖父江 慎氏です。


リンク → 『ボウイ──その生と死に』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 5日 (火)

書評 信原幸弘編『ワードマップ 心の哲学』

『ワードマップ心の哲学』の書評が、11月25日付 週刊読書人に掲載されました。評者は井原 裕氏。井原 裕先生ありがとうございました。また掲載紙ご担当者さま、ありがとうございました。

専門哲学者と個別科学者との相互交流の場に 
心の哲学に関する最良の入門書

本書はキーワードの概説を通して「心の哲学(Philosophy of Mind)」の到達点を示そうとしたものである。執筆者は、斯学の本邦を代表する哲学者を編者として、そこに気鋭の論者が参入し、少数の医師も加わっている。......

つづきを読む
週刊読書人 ウェブへ

9784788515253

信原幸弘 編

ワードマップ 心の哲学
――新時代の心の科学をめぐる哲学の問い

四六判上製320頁
定価:本体2600円+税
発売日 17.7.6

ISBN 978-4-7885-1525-3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 4日 (月)

新刊 書評 ジャン=ノエル・ミサ、パスカル・ヌーヴェル『ドーピングの哲学』

ジャン=ノエル・ミサ、パスカル・ヌーヴェル 編
橋本一径 訳

ドーピングの哲学
――タブー視からの脱却

の書評が、12月3日付 讀賣新聞に掲載されました。評者は納富信留氏。納富先生ありがとうございました。
 

 本当に悪者なのか?

……フランスの哲学、スポーツ科学、医学などの専門家12人の徹底した議論は、私たちが当たり前のように悪者扱いしてきたドーピングの禁止が、現状と理論の両面で矛盾に満ちたものであることを示す。東京オリンピック・パラリンクを前にした私たちが真剣に考えるべき今日的課題がここにある。まずは現状を認識し、タブー視や偏見から脱却した議論が必要である……

 

9784788515468

ジャン=ノエル・ミサ、パスカル・ヌーヴェル 編
橋本一径 訳

ドーピングの哲学
――タブー視からの脱却

四六判上製328頁
定価:本体4300円+税
発売日 17.10.31

ISBN 978-4-7885-1546-8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ