« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月27日 (水)

新刊 川端亮・稲場圭信『アメリカ創価学会における異体同心』

9784788515529

川端亮・稲場圭信 著

アメリカ創価学会における異体同心
――二段階の現地化

四六判並製208頁
定価:本体1600円+税
発売日 18年1月15日

ISBN 978-4-7885-1552-9

見本出来ました。
1月11日ごろ書店に並びます。

はじめに

 創価学会は、わが国でもっとも有名で、最大の新宗教教団である。その会員数は827万世帯と公表されている(創価学会広報室 2017:21)。

 創価学会は、日本国内で抜きん出て規模が大きいのみならず、創価学会インタナショナル(Soka Gakkai International:SGI)として海外でも活動を行っていることは、一般にはそれほど知られていないだろう。その規模は、現在、世界192ヵ国・地域にわたり、およそ220万人の会員を擁するまでになっている(創価学会広報室 2017:26)。国連加盟国数が193ヵ国であることからも、SGIの広がりが、ほとんど全世界に及ぶと言ってよいことがわかるだろう。

 日本の他の宗教教団も、新宗教に限らず、神道も仏教も、日本人が海外に移民を始めた明治時代以降、海外布教を行ってきた。しかし、一部を除いては、海外で移民した日本人以外に信徒を獲得することが少なかった。つまり、現地の人々にはほとんど広まらなかった。

 アメリカ合衆国においても、1885年にハワイへの官約移民(ハワイ政府と日本政府の間の条約に基づく移民)が始まり、その後、日本人の移住先が西海岸へ展開する中で、神道、浄土真宗、浄土宗などがアメリカ合衆国で布教を始めた。しかしながら、現地のアメリカ人にこれらの神道や仏教、新宗教が浸透する事例はあまり

・・・・・・

《もっと読む アメリカ創価学会における異体同心 はじめに》

 

◆関連書
アメリカ創価学会〈SGI‐USA〉の55年 目次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新刊 友田明美・藤澤玲子『虐待が脳を変える』

9784788515451

友田明美・藤澤玲子 著

虐待が脳を変える
――脳科学者からのメッセージ

四六判並製208頁
定価:本体1800円+税
発売日 18年1月15日

ISBN 978-4-7885-1545-1

見本出来ました。
1月11日ごろ書店に並びます。

はじめに―児童虐待との深いかかわり

 わたしが医師として児童虐待と初めて出会ったのは、30年以上も前の1987年、まだ鹿児島市立病院の研修医だった頃のことだ。

 救命救急センターで当直していた夜、3歳の男の子が瀕死の状態で運ばれてきた。状態が非常に重かったため、医長も応援に駆けつけた。非常に強い力で何度も殴られたのだろう。男の子は、頭部打撲によって頭蓋内出血していた。身体には、タバコの吸殻で付けられた無数の火傷跡と、新しいものから古いものまで様々な傷があり、虐待を受けたことは一目瞭然だった。すぐに警察へ通報し、それからの3日間、私たちは不眠不休で治療にあたった。日常的にひどい病人やけが人をたくさん見ているわたしたち医療関係者ですら、何かしてあげないとこころが折れてしまいそうであった。しかし、そんなわたしたちの願いもむなしく、その子は3日後に亡くなった。

 テレビや新聞でしか見聞きしない児童虐待というものが現実にあるのだということを恐怖とともに知るとともに、まだ幼い命を助けられなかったという医師としての無力感を味わった経験であった。また、その子の親が最後まで虐待の事実を否認し続けたという事実も、当時のわたしにとっては衝撃的であった。

 それから何年か経ってわたしも親になり、虐待がもっと身近な問題となった。今は立派に成人し、むしろわたしを支えてくれている子どもたちだが、やはり難しい時期もあった。何をしても泣き続ける、親の言うことを

・・・・・・

《もっと読む 虐待が脳を変える はじめに―児童虐待との深いかかわり》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月26日 (火)

書評 津田大介・小嶋裕一編『[決定版]原発の教科書』

「通販生活」2018年春号にて

津田大介・小嶋裕一 編[決定版]原発の教科書

取りあげられました。評者は芳地隆之氏、ありがとうございました。芳地先生、掲載誌ご担当者さま、心よりお礼申し上げます。

日本の抱える問題が凝縮
そこに切り込む格好の教材

原子力発電はCO2削減のためにはやむをえないエネルギー源なのか? と自問する時期が私にはあった。……

原発はコスト安という言説も、東芝の経営悪化の大きな要因が米国の原子力会社ウェスチングハウス買収だったことで崩れ、「原子力ルネサンスは幻におわった」ことは明白になった。……

以上は「第2章 原発を考えるための4つのポイント」のうち、「環境性」「経済性」が指摘するところである。それ以外にもエネルギー基本計画、日米原子力協定、地方交付金など多様なテーマ設定によって本書は原発が抱える闇に光を与える。
……

最後の鼎談で東浩紀氏は「2011年の事故直後に存在していた『この国が変わらなきゃ』っていう空気そのものが、いまや完全に消えている。『どうせ変わんないよね』と無気力感だけが残っている。原発はその象徴ですね」と語っている。その「象徴」にどう切り込んていくか。本書はそのための格好の教材である。

 

9784788515369

津田大介・小嶋裕一 編

 

[決定版]原発の教科書
――

A5変判並製360頁
定価:本体2400円+税
発売日 17.9.5

 

 

ISBN 978-4-7885-1536-9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月25日 (月)

村上克尚著『動物の声、他者の声』 読書委員が選ぶ 2017年の3冊 @読売新聞

12月24日付讀賣新聞にて 読書委員が選ぶ 2017年の3冊 で、
村上克尚著『動物の声、他者の声』
取りあげられました。評者は尾崎真理子氏、ありがとうございました。心よりお礼申し上げます。

大江健三郎、武田泰淳、小島信夫の小説で動物たちはなぜ、そのように表れたか。作家の意図を超える文化史的、今日的読解を与え、作品の真価を新たに発掘。若手研究者の力作が目立つ年だった。

 尾崎真理子氏のとりあげたほか2冊は松浦寿輝著『名誉と恍惚』、原田治著『ぼくの美術ノート』です。

 

9784788515376

 

村上克尚 著

 

動物の声、他者の声
――日本戦後文学の倫理

 

四六判上製400頁
定価:本体3700円+税
発売日 17.9.25
ISBN 978-4-7885-1537-6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月19日 (火)

新刊 クリッチリー『ボウイ』

9784788515543_2

サイモン・クリッチリー 著 / 田中純 訳

ボウイ
──その生と死に

四六変形並製256頁
定価:本体2000円+税
発売日 17.12.25
ISBN 978-4-7885-1554-3

見本出来ました。
12月25日ごろ書店に並びます。

訳者あとがき(一部抜粋)

「ボウイのアルバムのような書物を書きたい」と、ひそかに思い続けてきた。

 著者クリッチリー氏はこの本で、わたしのそんなあこがれを達成している――しかも、デヴィッド・ボウイそのひとを論じることによって。ひとつひとつの章は短く、それこそボウイの歌一曲を聴くうちに読み進められそうだけれど、そんなほんのちょっとしたあいだに、ボウイの音楽をめぐる自分の記憶や感情を揺さぶられる閃光のような瞬間が幾度もあった。これは国際的に知られた哲学者によるボウイ論であり、高度に知的で刺激的な分析を繰り広げながら、音楽のビートのように肉体でじかに感じ取られるスリリングな緊張を孕んでいる。この翻訳が本書のそうした魅力を伝えるものであることを願う。

 誤解のないようにまず述べておけば、これはボウイの評伝ではない。本書のもとになった『ボウイ』初版をめぐるインタヴューで、執筆の動機を尋ねられた著者は、聞き手である友人の哲学者キース・アンセル=ピアソンに対し、次のように答えている――

「『ボウイ』におけるわたしの目的はとてもシンプルだ。音楽ジャーナリズムでも、

・・・・・・

《もっと読む ボウイ 訳者あとがき(一部抜粋)》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月18日 (月)

村上克尚著『動物の声、他者の声』2017年下半期アンケート@図書新聞

12月23日付 図書新聞、「2017年下半期アンケート」、評者の先生に印象に残った本、3冊をお選びいただくこのアンケートで、
村上克尚著『動物の声、他者の声』
二人の評者の先生にお取りあげいただきました。石原千秋先生、佐藤泉先生、ありがとうございました。心よりお礼申し上げます。また掲載紙ご担当者さま、ありがとうございました。


デリダの問題提起を受けて、このところ大学院のゼミでは「動物」ばやりである。遅まきながら彼らの後を追うように勉強していたら、草稿の「注」にこの本があった。〈人間/動物〉という二項対立は生物学的というより多分に政治的という立場から、戦後文学の武田泰淳・大江健三郎・小島信夫を論じる秀抜な論考......(石原千秋氏)

......動物の排除と包含こそ政治が組織される場だ。武田泰淳、大江健三郎、小島信夫らの「動物」表象を梃にして、人間性を再確認することから始まった「戦後」を描き直す(佐藤 泉氏)




その他、今年のトピックな本が選ばれております。ぜひ図書新聞をご購入下さい。



9784788515376

村上克尚 著

動物の声、他者の声
――日本戦後文学の倫理

四六判上製400頁
定価:本体3700円+税
発売日 17.9.25
ISBN 978-4-7885-1537-6

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月17日 (日)

海野 弘著『ロシアの世紀末』紹介@毎日新聞 2017/12/17

12月17日付 毎日新聞、「2017年この3冊」にて、

海野 弘 著 ロシアの世紀末 をお取りあげいただきました。評者は三浦雅士氏。三浦雅士先生ありがとうございました。

(『ロシアの世紀末』の)主題はロシア文化における「銀の時代」。金の時代はドストエフスキーやトルストイ。銀の時代はチェホフやディアギレフ。父系性の時代と母系制の時代ほどに違う。順序は逆だが前者に対応するのは小林秀雄、後者に対応するのは折口信夫。深く考えさせる

9784788515239

海野 弘 著

ロシアの世紀末
――〈銀の時代〉への旅

A5判上製560頁
定価:本体6200円+税
発売日 17.5.31
ISBN 978-4-7885-1523-9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月15日 (金)

新刊 グラハム ・R・ギブズ『質的データの分析』

9784788515512

グラハム ・R・ギブズ 著
砂上史子・一柳智紀・一柳 梢 訳

質的データの分析
――SAGE質的研究キット6

A5判並製280頁
定価:本体2900円+税
発売日 17.12.25

ISBN 978-4-7885-1551-2

見本出来ました。
12月22日ごろ書店に並びます。

本書について(ウヴェ・フリック)

 時に、データ収集が分析を準備する前段階という意味合いが強いのに対し、質的データの分析は概して質的研究におけるコアと見なされる。質的研究においてデータを分析するには異なるアプローチがある。より全体的なものもあれば、特定のタイプのデータにより特化したものもある。それら全てに共通しているのは、テクスト分析に基づいているということである。故に、質的研究におけるいかなる資料もテクスト*として分析されるべく準備されなければならない。場合によっては(たとえばナラティヴのように)、テクストの内部構造が(半構造化インタビューのように)他の場合よりも重要になることもある。内容が(時に独占的に)分析の中心にくる場合もあれば、テクストにおけるやりとりも(フォーカスグループのように)同様に関係していたり、(会話分析のように)分析の中心であったりする場合もある。

 本書では、質的データを分析する基本となるストラテジーがさらに詳しく説明されている。一番重点が置かれているのは、コーディン*と分類である。二番目に重点が置かれているのは、ナラティヴ*と伝記(バイオグラフィー)*である。三番目に重点が

・・・・・・

《もっと読む 質的データの分析 本書について(ウヴェ・フリック)》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月14日 (木)

◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第176号■

2017年12月12日発行
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 
◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第176号■
 
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 
◇トピックス
_________________________________
 
書評
 
『ワードマップ心の哲学』

の書評が、11月25日付 週刊読書人に掲載されました。評者は井原 裕氏。井原 裕先生ありがとうございました。また掲載紙ご担当者さま、ありがとうございました。
「専門哲学者と個別科学者との相互交流の場に 心の哲学に関する最良の入門書」
本書はキーワードの概説を通して「心の哲学(Philosophy of Mind)」の到達点を示そうとしたものである。執筆者は、斯学の本邦を代表する哲学者を編者として、そこに気鋭の論者が参入し、少数の医師も加わっている。......
 
 
『ドーピングの哲学──タブー視からの脱却』
ジャン=ノエル・ミサ、パスカル・ヌーヴェル 編  橋本一径 訳
の書評が、12月3日付 讀賣新聞に掲載されました。評者は納富信留氏。納富先生ありがとうございました。
 
 本当に悪者なのか?
……フランスの哲学、スポーツ科学、医学などの専門家12人の徹底した議論は、私たちが当たり前のように悪者扱いしてきたドーピングの禁止が、現状と理論の両面で矛盾に満ちたものであることを示す。東京オリンピック・パラリンクを前にした私たちが真剣に考えるべき今日的課題がここにある。まずは現状を認識し、タブー視や偏見から脱却した議論が必要である……
 
 
ジャン=ノエル・ミサ、パスカル・ヌーヴェル 編 橋本一径 訳
の書評が、11月16日付 日本経済新聞に掲載されました。評者はスポーツライターの藤島大氏。藤島さんありがとうございました。ほか2点『プロ野球のお金と契約』(大家友和著、ポプラ新書)、『クレージー・ランニング』(高部雨市著、現代書館)とともにお取りあげいただいております。
 
フェアのお知らせ
●心理学書販売研究会フェア@紀伊國屋書店新宿本店
「心理学書、この1冊  ─ 2017年 今年の収穫─」
2017年に刊行され、書評・紹介された書籍、重版された書籍など、
話題になった心理学書をおすすめいたします。
期間 ─2018年1月31日まで
場所 紀伊國屋書店新宿本店3階心理学書売場フェア台
https://twitter.com/shin_yo_sha/status/940089435730862081
 
________________________________
 
◇近刊情報
________________________________
 
12月下旬発売予定
----------------------------------------------------------------
『ボウイ』
──その生と死に

----------------------------------------------------------------
サイモン・クリッチリー 著 / 田中純 訳
四六変型並製256頁・本体2000円+税
ISBN 978-4-7885-1554-3 C0010
分野=思想・芸術・音楽
 
帯文=坂本龍一氏
扉写真=鋤田正義氏
ブックデザイン=祖父江慎氏
 
私たちは行かせなければならない、ボウイを、死へ、そして生へと。
 
1972年のイングランド。平凡で、少し疎外され、退屈していた12歳の少年サイモンは、母とともに、「スターマン/エイリアン」デビット・ボウイと衝撃的な出会いを果たします。そこから40年余、事故による記憶の損傷体験を経、母そしてボウイの相次ぐ死を迎えるまで、サイモンの傍らには、ボウイの音楽があり続けました──それは特別な「アート」であり、人生をサヴァイヴするために不可欠な「思想」であり、厳しく、優しく、そして親密な何か、でした。本書は、国際的な哲学者となった著者=サイモンが、ボウイの表現世界の核心にあったメッセージのすべてを改めて呼びおこしていきます。その死から2年、名訳を得て、ファン待望の、唯一無二の存在への深い愛(=あこがれ)に満ちた鎮魂の書です。著者による日本語版へのメッセージと、訳者作成の全105曲からなるサウンドトラックリスト(Spotify)付。
 
 
 
 
1月中旬発売予定
----------------------------------------------------------------
『虐待が脳を変える』
──脳科学者からのメッセージ

----------------------------------------------------------------
友田明美・藤澤玲子著
四六判並製208頁・本体1800円+税
ISBN 978-4-7885-1545-1 C1047
分野=子育て・児童精神医学
科学が語る事実
 
友田医師が初めて児童虐待の事例に出会ったのは、30年近くも前、救命救急センターで当直していた夜、3歳の男の子が瀕死の状態で運ばれてきたときでした。男の子は、頭部打撲で頭蓋内出血しており、身体には、無数のタバコの火傷跡や傷がありました。その後、虐待された人たちのこころのケアに取り組むと共に、虐待が脳に与える影響を研究してきた友田医師は、虐待が脳を変えてしまうという事実を多くの人に伝え、虐待の恐ろしさを知ってもらうことを使命と考え、研究のかたわら、講演や専門書、新書の出版を通して、啓蒙活動を続けてきました。しかし脳科学の話を、理論やデータを省略せずに一般の人びとにもわかりやすく伝えるのは難しいことです。そこで本書は、友田医師の研究室で働く共著者の藤澤がライターとなり、二人が緊密に議論しながら書かれました。共に子を持つ母親として親の気持ちにも寄り添いながら、科学に興味を持つ人の知的関心にも応える一書です。
 
 
 
 
1月中旬発売予定
----------------------------------------------------------------
『アメリカ創価学会における異体同心』
──二段階の現地化
----------------------------------------------------------------
川端亮・稲場圭信 著
四六判並製・232頁・予価1600円+税
ISBN 978-4-7885-1552-9 C1036
分野=宗教・社会学
布教過程と組織の変化
既刊『アメリカ創価学会〈SGI-USA〉の55年』の続巻です。グローバリズムと民族主義が激しく対立し、さまざまな領域で価値の亀裂が露呈している混迷の時代、世界192ヵ国・地域に展開するSGIの活動と行方は、宗教の今日的意味を考える上で大きな示唆を与えてくれます。日本と異なるアメリカ合衆国の社会的背景のなかで、SGI─USAのメンバーは、なぜ・どのように・何を願って、信仰を続けているのか、組織は現地に沿って、どのように推移したか、布教において聖典はいかに翻訳されていったか──詳細な現地調査とインタビューにもとづく、読みものとしても興味深い報告です。
 
関連書 好評発売中
四六判上製272頁・本体1800円+税
ISBN 978-4-7885-1543-7 C1036
分野=宗教・社会学
 
http://www.shin-yo-sha.co.jp/mokuroku/books/978-4-7885-1543-7.htm
 
________________________________
 
◇奥付
________________________________
 
□電子メールマガジン:「新曜社<新刊の御案内> 」(不定期発行)
□HPアドレス http://www.shin-yo-sha.co.jp/
□blog:新曜社通信 http://shin-yo-sha.cocolog-nifty.com/
□twitterもよろしく:http://twitter.com/shin_yo_sha
□このメルマガは『まぐまぐ』を利用して発行しています。
□購読・解除・変更手続きは http://www.mag2.com/ より行って下さい。
□掲載された内容を許可無く転載することを禁じます。
□発行:株式会社新曜社 営業部
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-9 第一丸三ビル
電話  03(3264)4973(代)
FAX 03(3239)2958
e-mail info@shin-yo-sha.co.jp
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
次回発行は2017年12月末を予定しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月13日 (水)

新刊 神谷悠介『ゲイカップルのワークライフバランス』

9784788515383

神谷悠介 著

ゲイカップルのワークライフバランス
――男性同性愛者のパートナー関係・親密性・生活

四六判並製224頁
定価:2900円+税
発売日 17.12.5

ISBN 978-4-7885-1538-3

お待たせいたしました。見本出来ました。
12月20日ごろ書店に並びます。

まえがき

ゲイカップルへの関心
 筆者がゲイカップルの研究を始めたのは、大学院に入学した二〇〇七年である。当時は、日本のセクシュアル・マイノリティは社会問題として大きな注目を集めていなかった。しかし、ここ数年、LGBTがメディアを賑わせ、出版ラッシュが続いている。ドラマや映画ではセクシュアル・マイノリティが当たり前の存在として描かれるようになり、十年前には考えられなかった状況である。

 これに伴って、ゲイカップルの描き方もリアリティが強く感じられるようになった。映画『怒り』(二〇一六年、李相日監督)では俳優の妻夫木聡と綾野剛がゲイカップルを演じている。妻夫木聡が演じる優馬は大手企業に勤めるエリートビジネスマン、綾野剛が演じる直人は経済的に不安定な若者である。直人は優馬と出会った日に、

・・・・・・

《もっと読む ゲイカップルのワークライフバランス まえがき》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 6日 (水)

新刊のご案内 『ボウイ──その生と死に』サイモン・クリッチリー 著 / 田中純 訳

Bowie3

新刊のご案内

『ボウイ──その生と死に』

サイモン・クリッチリー 著 / 田中 純 訳

四六変形並製256頁
定価:本体2000円+税
発売日 17.12.25
ISBN 978-4-7885-1554-3

15日見本、25日配本にて進行中です。

帯には坂本龍一氏から推薦文。

扉写真は鋤田正義氏、ブックデザインは祖父江 慎氏です。


リンク → 『ボウイ──その生と死に』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 5日 (火)

書評 信原幸弘編『ワードマップ 心の哲学』

『ワードマップ心の哲学』の書評が、11月25日付 週刊読書人に掲載されました。評者は井原 裕氏。井原 裕先生ありがとうございました。また掲載紙ご担当者さま、ありがとうございました。

専門哲学者と個別科学者との相互交流の場に 
心の哲学に関する最良の入門書

本書はキーワードの概説を通して「心の哲学(Philosophy of Mind)」の到達点を示そうとしたものである。執筆者は、斯学の本邦を代表する哲学者を編者として、そこに気鋭の論者が参入し、少数の医師も加わっている。......

つづきを読む
週刊読書人 ウェブへ

9784788515253

信原幸弘 編

ワードマップ 心の哲学
――新時代の心の科学をめぐる哲学の問い

四六判上製320頁
定価:本体2600円+税
発売日 17.7.6

ISBN 978-4-7885-1525-3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 4日 (月)

新刊 書評 ジャン=ノエル・ミサ、パスカル・ヌーヴェル『ドーピングの哲学』

ジャン=ノエル・ミサ、パスカル・ヌーヴェル 編
橋本一径 訳

ドーピングの哲学
――タブー視からの脱却

の書評が、12月3日付 讀賣新聞に掲載されました。評者は納富信留氏。納富先生ありがとうございました。
 

 本当に悪者なのか?

……フランスの哲学、スポーツ科学、医学などの専門家12人の徹底した議論は、私たちが当たり前のように悪者扱いしてきたドーピングの禁止が、現状と理論の両面で矛盾に満ちたものであることを示す。東京オリンピック・パラリンクを前にした私たちが真剣に考えるべき今日的課題がここにある。まずは現状を認識し、タブー視や偏見から脱却した議論が必要である……

 

9784788515468

ジャン=ノエル・ミサ、パスカル・ヌーヴェル 編
橋本一径 訳

ドーピングの哲学
――タブー視からの脱却

四六判上製328頁
定価:本体4300円+税
発売日 17.10.31

ISBN 978-4-7885-1546-8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »