« 新刊 クリッチリー『ボウイ』 | トップページ | 書評 津田大介・小嶋裕一編『[決定版]原発の教科書』 »

2017年12月25日 (月)

村上克尚著『動物の声、他者の声』 読書委員が選ぶ 2017年の3冊 @読売新聞

12月24日付讀賣新聞にて 読書委員が選ぶ 2017年の3冊 で、
村上克尚著『動物の声、他者の声』
取りあげられました。評者は尾崎真理子氏、ありがとうございました。心よりお礼申し上げます。

大江健三郎、武田泰淳、小島信夫の小説で動物たちはなぜ、そのように表れたか。作家の意図を超える文化史的、今日的読解を与え、作品の真価を新たに発掘。若手研究者の力作が目立つ年だった。

 尾崎真理子氏のとりあげたほか2冊は松浦寿輝著『名誉と恍惚』、原田治著『ぼくの美術ノート』です。

 

9784788515376

 

村上克尚 著

 

動物の声、他者の声
――日本戦後文学の倫理

 

四六判上製400頁
定価:本体3700円+税
発売日 17.9.25
ISBN 978-4-7885-1537-6

|

« 新刊 クリッチリー『ボウイ』 | トップページ | 書評 津田大介・小嶋裕一編『[決定版]原発の教科書』 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/66197320

この記事へのトラックバック一覧です: 村上克尚著『動物の声、他者の声』 読書委員が選ぶ 2017年の3冊 @読売新聞:

« 新刊 クリッチリー『ボウイ』 | トップページ | 書評 津田大介・小嶋裕一編『[決定版]原発の教科書』 »