« 新刊 P.オルダーソン & V.モロウ、斉藤こずゑ『子ども・若者とともに行う研究の倫理』 | トップページ

2017年11月15日 (水)

新刊 エリク・H・エリクソン『アイデンティティ』

9784788515499

エリク・H・エリクソン 著
中島由恵 訳

アイデンティティ
――青年と危機

四六判並製464頁
定価:3300円+税
発売日 17.11.20

ISBN 978-4-7885-1549-9

見本出来ました。
11月21日ごろ書店に並びます。

まえがき
  ポール・フェダーン博士は、私が一九二〇年代後半にウィーン精神分析研究所で学んでいたときの教師の一人であったが、新しい概念を作ることにも失言にも同じく独創的な、魅力ある人物であった。当時、彼の「自我境界」の概念は、重要ではあるが曖昧であるとして、大いに論議された。われわれ学生は、その概念を説明するのに必要だと思われるだけ、セミナーを連続して開いてくれるよう先生に嘆願した。セミナーは三日間、夕方から長時間にわたって開催された。最終回を終えるにあたり、彼はようやく自分を理解してもらった、という面もちで、書類を収めながら、次のように問うたのだった。「さて、私自身、わかったのかな。」

 アイデンティティについて書いてきたことを読み返して、私は一度ならずこの質問を自らに問いかけたが、急いで付け加えなければならないのは、本書は、アイデンティティについて決定的な説明を与えるものではない、ということである。この主題について書けば書くほど、この言葉はあらゆるところに広がってゆき、計り知れない

・・・・・・

《もっと読む アイデンティティ まえがき》

|

« 新刊 P.オルダーソン & V.モロウ、斉藤こずゑ『子ども・若者とともに行う研究の倫理』 | トップページ

新刊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/66046318

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊 エリク・H・エリクソン『アイデンティティ』:

« 新刊 P.オルダーソン & V.モロウ、斉藤こずゑ『子ども・若者とともに行う研究の倫理』 | トップページ