« 新刊 桜井 洋『社会秩序の起源』 | トップページ | 講演 研究者のライフ・イベントとワーク・ライフ・バランス »

2017年11月10日 (金)

新刊 三ヶ尻 陽一『新しい自然主義心理学』

9784788515482

三ヶ尻 陽一 著

新しい自然主義心理学
――自然法則に従う人間モデルからの出発

四六判並製168頁
定価:本体1800円+税
発売日 17.11.20

ISBN 978-4-7885-1548-2

見本出来ました。
11月16日ごろ書店に並びます。

序章

  地球に住んでいる生き物の中で、人は特別な存在であろうか。確かに人は、最も繁栄している生き物の一種である。他の生物から脅かされることも少なく、自然を開拓して大規模な街を作ることもできる。神が作りし選ばれた種族と考えることもできよう。山や丘の上から街を見下ろすと、星空よりもはるかに明るい人工の光に目を奪われる。真っ暗な山や海との対比から、人は自然から逸脱してしまった存在であるかのように感じられる。

 大都市の中で生活をしていると、自分自身が生き物であることさえ忘れてしまうことがある。舗装された道路を歩き、高くそびえ立つビルの中で仕事をこなし、時間通りに運行する電車やバスによって移動する。機械の歯車がかみ合うように人々の営みは連携し、社会を成立させているようにも思えてくる。やはり人間は、自然から逸脱しているのだろうか。

 はるか昔より、自然とは不可解なもので、恐怖の対象ですらあった。自然は制御することができないし、気まぐれに振り下ろされる自然の猛威に、

・・・・・・

《もっと読む 新しい自然主義心理学 序章》

|

« 新刊 桜井 洋『社会秩序の起源』 | トップページ | 講演 研究者のライフ・イベントとワーク・ライフ・バランス »

新刊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/66025974

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊 三ヶ尻 陽一『新しい自然主義心理学』:

« 新刊 桜井 洋『社会秩序の起源』 | トップページ | 講演 研究者のライフ・イベントとワーク・ライフ・バランス »