« 2017年10月 | トップページ

2017年11月

2017年11月15日 (水)

新刊 エリク・H・エリクソン『アイデンティティ』

9784788515499

エリク・H・エリクソン 著
中島由恵 訳

アイデンティティ
――青年と危機

四六判並製464頁
定価:3300円+税
発売日 17.11.20

ISBN 978-4-7885-1549-9

見本出来ました。
11月21日ごろ書店に並びます。

まえがき
  ポール・フェダーン博士は、私が一九二〇年代後半にウィーン精神分析研究所で学んでいたときの教師の一人であったが、新しい概念を作ることにも失言にも同じく独創的な、魅力ある人物であった。当時、彼の「自我境界」の概念は、重要ではあるが曖昧であるとして、大いに論議された。われわれ学生は、その概念を説明するのに必要だと思われるだけ、セミナーを連続して開いてくれるよう先生に嘆願した。セミナーは三日間、夕方から長時間にわたって開催された。最終回を終えるにあたり、彼はようやく自分を理解してもらった、という面もちで、書類を収めながら、次のように問うたのだった。「さて、私自身、わかったのかな。」

 アイデンティティについて書いてきたことを読み返して、私は一度ならずこの質問を自らに問いかけたが、急いで付け加えなければならないのは、本書は、アイデンティティについて決定的な説明を与えるものではない、ということである。この主題について書けば書くほど、この言葉はあらゆるところに広がってゆき、計り知れない

・・・・・・

《もっと読む アイデンティティ まえがき》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月13日 (月)

新刊 P.オルダーソン & V.モロウ、斉藤こずゑ『子ども・若者とともに行う研究の倫理』

9784788514973

P.オルダーソン & V.モロウ 著
斉藤こずゑ 訳

子ども・若者とともに行う研究の倫理
――研究・調査にかかわるすべての人のための実践的ガイド

A5判並製240頁
定価:本体2800円+税
発売日 17.11.20

ISBN 978-4-7885-1497-3

見本出来ました。
11月16日ごろ書店に並びます。

序論(抜粋)
   今日、子どもや若者は、彼らの生活の多様な側面について常に意見を尋ねられます。国や地方政府は子どものための無数の機関や支援提供者とともに、膨大な時間と努力と資金を投入して、熱心に子どもの意見を聞き、いろいろな支援を計画したり評価することに子ども自身が参加することを求めています。「国連児童の権利条約」(1989)は、子どもに影響を及ぼすすべての事項について子どもが自由に自分の意見を表明する権利を有すること、その場合、子どもの意見は、その子どもの年齢と成熟度に従って相応に考慮されることを明記しています(第12条)。さらにこの条約の54にわたる他の多くの条項も、子どもを尊重し子どもを参加させることに関連しています。各国政府による本条約の実行に関する進展状況の定期報告と、それへの国連委員会の応答に記録されているように、これらの児童の権利は、徐々に世界中の研究やコンサルテーション活動においていっそう尊重されるようになってきています(www.ohchr.org を参照)。しかし、子どもとともに行う子どもに関する研究やコンサルテーション活動は、倫理的問いを提起します。これらの問いを検討することは、効果的な研究の手順、方法、結果にとって極めて重要であるため、本書では研究がたどる主要な10段階で起こ

・・・・・・

《もっと読む 子ども・若者とともに行う研究の倫理 序論(抜粋)》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月10日 (金)

講演 研究者のライフ・イベントとワーク・ライフ・バランス

 立命館大学人間科学研究所は、2017年度年次総会として公開シンポジウム「研究者のライフ・イベントとワーク・ライフ・バランス」を12月10日(日)に開催いたします。

研究Worklifebalance者のライフ・イベントとワーク・ライフ・バランス

日時 2017年12月10日(日)10:00-16:00(9:30開場)
会場 立命館大学 大阪いばらきキャンパス
メイン会場:立命館いばらきフューチャープラザ カンファレンスホール
ポスターセッション会場:C271教室(ラーニングスタジオ)
主催 立命館大学人間科学研究所   

詳細は右記サイトまで→ 立命館大学人間科学研究所

  

 
研究者はさまざまなライフ・イベントを経験するなかで、実際にどのような困難に直面し、それをいかに乗り越えてきたのでしょうか。また、今後の研究と生活をめぐる環境や、ワーク・ライフ・バランスの課題を、どのように展望したらよいのでしょうか。「研究」を人生と社会との関係で考え、皆さんと議論します。
 午前の企画(基調講演ほか)と午後の企画(パネルディスカッション)の間には、人間科学にかかわる様々な研究テーマによるポスターセッション(研究報告を間近で自由に観覧したり、研究者に直接質問いただける研究交流の時間)を設けます。
 研究者・学生から大学/研究機関職員、行政、企業の方々、一般市民の皆様まで、いずれかの企画のみのご参加でも大歓迎です。ご来場をお待ちしております。

9784788514065

仲真紀子・久保(川合)南海子 編

女性研究者とワークライフバランス

A5判並製144頁
定価:本体1600円+税
発売日 14.9.17
ISBN 978-4-7885-1406-5

見本出来ました。9月12日配本です。
9月16日ごろ書店に並びます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新刊 三ヶ尻 陽一『新しい自然主義心理学』

9784788515482

三ヶ尻 陽一 著

新しい自然主義心理学
――自然法則に従う人間モデルからの出発

四六判並製168頁
定価:本体1800円+税
発売日 17.11.20

ISBN 978-4-7885-1548-2

見本出来ました。
11月16日ごろ書店に並びます。

序章

  地球に住んでいる生き物の中で、人は特別な存在であろうか。確かに人は、最も繁栄している生き物の一種である。他の生物から脅かされることも少なく、自然を開拓して大規模な街を作ることもできる。神が作りし選ばれた種族と考えることもできよう。山や丘の上から街を見下ろすと、星空よりもはるかに明るい人工の光に目を奪われる。真っ暗な山や海との対比から、人は自然から逸脱してしまった存在であるかのように感じられる。

 大都市の中で生活をしていると、自分自身が生き物であることさえ忘れてしまうことがある。舗装された道路を歩き、高くそびえ立つビルの中で仕事をこなし、時間通りに運行する電車やバスによって移動する。機械の歯車がかみ合うように人々の営みは連携し、社会を成立させているようにも思えてくる。やはり人間は、自然から逸脱しているのだろうか。

 はるか昔より、自然とは不可解なもので、恐怖の対象ですらあった。自然は制御することができないし、気まぐれに振り下ろされる自然の猛威に、

・・・・・・

《もっと読む 新しい自然主義心理学 序章》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 8日 (水)

新刊 桜井 洋『社会秩序の起源』

9784788515475

桜井 洋 著

社会秩序の起源
――「なる」ことの論理

A5判上製558頁
定価:本体6500円+税
発売日 17.11.10

ISBN 978-4-7885-1547-5

見本出来ました。
11月10日ごろ書店に並びます。

あとがき

 本書は、心と社会を「なる」という観点から理解する一般理論の試みである。「なる」という思考法は、日本の文化だけに限られるものではないが、日本では馴染み深いものである。丸山真男は論文「歴史意識の『古層』」の中で、世界の諸神話に見られる宇宙創成論の発想を「つくる」「うむ」「なる」の三つにまとめ、これらのうち、「つくる」と「なる」が対極をなし、「うむ」はその中間に位置づけられると言う。「つくる」型の神話の代表は「神が世界を作った」とするユダヤ=キリスト教の世界創造神話であり、日本神話は「なる」発想の磁力が強い(丸山 1992: 299-300)。「つくる」と「なる」は本書の概念では言うまでもなく、「する」と「なる」に相当する。丸山はこの「なる」という考え方が、日本人の思惟の古層であると考える。この「なる」という思考法は、彼によれば「永遠不変なものが『在』る世界でもなければ、『無』へと運命づけられた世界でもなく、まさに不断に『成り成』る世界にほかなら」(同: 309)ない。

 「なる」ことが不断に「成り成る」ことであるなら、

・・・・・・

《もっと読む 社会秩序の起源 あとがき》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 7日 (火)

◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第175号■

2017年10月30日発行
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第175号■
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 
◇トピックス
________________________________
 
フェアのお知らせ
 
●心理学書販売研究会協賛・丸善広島店様フェアのご案内
「人と社会 関わりの心理学ー国家試験<公認心理師>に向けてー」
会員12社の基本書・話題書・新刊が一挙に展示・販売されています!
ぜひ、足を運びくださいますようお願いいたします。

【場所・期間】10/2(月)~11/30(木)丸善広島店7階新刊話題書コーナー
________________________________
 
◇近刊情報
________________________________
 
 
11月中旬発売予定
----------------------------------------------------------------
『アイデンティティ』
──青年と危機
----------------------------------------------------------------
エリク・H・エリクソン 著/中島由恵 訳
四六判並製464頁・本体3300円+税
ISBN 978-4-7885-1549-9 C1011
分野=心理学・精神分析
 
読み継がれる名著の完全新訳!
 
本書は一九六八年に出版され、最初の邦訳が一九六九年に刊行されました。以来、世界で、日本で読み継がれ、アイデンティティの概念は心理学の世界を超えて、私たちの人間理解に深く、大きな影響を与えてきました。その影響が今日でも大きいことは、他社からも近年、エリクソンの本の新訳が刊行されていることからもわかります。その背景には、エリクソンの概念が普及するにつれてあまりに単純化され、本来のエリクソンの思考の複雑さ、深さが失われてしまっていることがあります。しかし原典を読むと、エリクソンが古びるどころか、今日の私たちにとっても本質的な問いを提示しており、正に人間探求の古典の一冊であることがよくわかります。今回の新訳は、原著に忠実に一から訳し直し、かつ読みやすい日本語になっています。初めてエリクソンを読む人にも、改めて読み直したい人にも、まず手にとっていただきたい、エリクソンの思想の神髄に触れる一冊です。
 
 
11月中旬発売予定
----------------------------------------------------------------
『新しい自然主義心理学』 (仮)
──自然法則に従う人間モデルからの出発
----------------------------------------------------------------
三ヶ尻 陽一 著
四六判並製168頁・本体1800円+税
ISBN 978-4-7885-1548-2 C1011
分野=心理学
 
コンピュータになぞらえた理解から自然の論理へ
 
生き物の中で、人は特別な存在でしょうか。圧倒的に繁栄し、大都市で生活していると自分自身が生き物であることさえ忘れてしまいそうです。しかし21世紀の科学は、人の営みも自然界と同じ法則に従っていることを次々と明らかにしています。心理学、特に認知心理学は、人の心の働きをコンピュータになぞらえて理解しようとしてきました。しかし心理学的な現象も自然の現象であり、コンピュータなどの人工物の論理とは異なるメカニズムやダイナミクスで活動しています。人は「知らない」ことを恐れるので、未知の物事をよく見知った人工物になぞらえることで理解しようとしますが、そのような思考は、人の本質に対する理解を誤った方向に誘導しているおそれがあります。本書は、頭の中で起こっている自然現象を根底に据えた1つのモデルを提示し、それがどのように多くの心理現象を説明するか、わかりやすく解説しました。心理学に新しいパラダイムをもたらす挑戦の書です。
 
 
10月下旬発売予定
----------------------------------------------------------------
『新社会学研究 第2号』
──
----------------------------------------------------------------
三浦耕吉郎・小川博司・樫田美雄・栗田宣義・好井裕明 編
A5判並製224頁・予価1900円+税
ISBN 978-4-7885-1496-6 C3036
分野=社会学・社会問題
 
映画と生活者を社会学する
 
「市民社会における不幸に係わる自己認識の科学」たる社会学本来の姿に立ち戻り批判と提言を目指す学術誌が第2号を迎えました。特集「映画を読み解く社会学」では、ポストヒューマン時代の恋愛、女同士の親密性の可能性、70年代と現代の核のリアリティ、ポスト震災20年の想像力、別離物語における愛の提示、原爆映画の社会学が論じられ、公募特集「生活者の社会学」では、サバイバルゲーマー、台湾人日本文化愛好家、戦災復興時の市民、市場原理主義を負わされる女性といった多様な生活者に迫ります。看取り・映画・音楽・ファッション・ビデオ調査・社会学者・査読などを論じる連載9篇も所収し、ますます広がりを示す本誌にご注目ください。
 
 
 
10月下旬発売予定
----------------------------------------------------------------
『質的データの分析』
──SAGE質的研究キット6
----------------------------------------------------------------
グラハム ・R・ギブズ 著
砂上史子・一柳智紀・一柳 梢 訳
A5判並製280頁・本体2900円+税
ISBN 978-4-7885-1551-2 C1011
分野=心理学・質的研究
 
分析の神髄に迫る!
 
収集した多種多様なデータをどのように分析すればよりよい研究につながるのか、データの準備のしかた、トランスクリプションの作成、コーディングとカテゴリー化から比較分析まで、さまざまな具体的手法を理論的背景とともに丁寧に解説。また、一連の分析を支援する代表的なソフトウェア3種を取り上げ、最新のバージョンをもとにそれぞれの特徴と使い方のコツのみならず、分析に与える影響にも言及しています。より良質で意義深い分析をめざす研究者に多くの実践的情報をもたらすだけでなく、分析の質を問う倫理的問題にも踏み込んだ、質的データ分析の神髄に迫る決定版です。
 
 
 
_________________________________
 
◇奥付
_________________________________
 
□電子メールマガジン:「新曜社<新刊の御案内> 」(不定期発行)
□HPアドレス http://www.shin-yo-sha.co.jp/
□blog:新曜社通信 http://shin-yo-sha.cocolog-nifty.com/
□twitterもよろしく:http://twitter.com/shin_yo_sha
□このメルマガは『まぐまぐ』を利用して発行しています。
□購読・解除・変更手続きは http://www.mag2.com/ より行って下さい。
□掲載された内容を許可無く転載することを禁じます。
□発行:株式会社新曜社 営業部
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-9 第一丸三ビル
電話  03(3264)4973(代)
FAX 03(3239)2958
e-mail info@shin-yo-sha.co.jp
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
次回発行は2017年12月上旬を予定しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年10月 | トップページ