« 書評 日本記号学会 編 『 「美少女」の記号論』 | トップページ

2017年10月13日 (金)

新刊 倉田剛『現代存在論講義 Ⅱ』

9784788515444

倉田剛 著

現代存在論講義 Ⅱ
――物質的対象・種・虚構

A5判並製192頁
定価:本体2200円+税
発売日 17.10.20

ISBN 978-4-7885-1544-4

見本出来ました。
10月23日ごろ書店に並びます。

序文

 本書は『現代存在論講義I』(2017年4月刊)の続編である。ただし先行するI巻を読まずにこのII巻から読み始めてもらっても一向に構わない。そもそもI巻とII巻とを問わず、各講義はかなりの程度独立しているので、基本的にはどこからでも読み始めることができる。むろん最初から順番に眺めてもらうのがベストではあるが、多様な関心をもつ読者に画一的な読み方を強いることはできない。このII巻から読み始める読者のために、この序文を使って、I巻の内容をごく簡単に振り返ることにしよう。

 実を言えば、最初の構想ではすべてのトピックスを一冊にまとめ上げる予定だったが、やや分量が膨らんでしまったこともあり、当初の予定を変更して二分冊にすることにした。だがそうした事情にもかかわらず、結果的にI巻とII巻との分け方はそれほど不自然なものにはならなかった。というのも、I巻が論じたトピックスはすべて存在論の「ファンダメンタルズ」(基礎)に属するのに対し、II巻のトピックスは必ずしもそうではないからである。

以下がI巻の大雑把な要約である。

 第一講義「イントロダクション─存在論とは何か」では、

・・・・・・

《もっと読む 現代存在論講義 Ⅱ 序文》

|

« 書評 日本記号学会 編 『 「美少女」の記号論』 | トップページ

新刊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/65911583

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊 倉田剛『現代存在論講義 Ⅱ』:

« 書評 日本記号学会 編 『 「美少女」の記号論』 | トップページ