« 紹介 中江桂子 著 『不協和音の宇宙へ――モンテスキューの社会学』 | トップページ | 新刊 村上克尚『動物の声、他者の声』 »

2017年9月20日 (水)

新刊 横田正夫『大ヒットアニメで語る心理学』

9784788515420

横田正夫 著

大ヒットアニメで語る心理学
――「感情の谷」から解き明かす日本アニメの特質

四六判並製192頁
定価:本体1800円+税
発売日 17.9.25

ISBN 978-4-7885-1542-0

見本出来ました。
9月27日ごろ書店に並びます。

はじめに

 『君の名は。』と『この世界の片隅に』が大ヒットしたことは記憶に新しい。日本のアニメーションは、これらの作品以外にも毎年たくさん劇場公開されており、話題に上ることも多い。子どもから大人まで巻き込んでしまうことも珍しくない。日本のアニメーションが、ここまで日本の観客に食い込むのかとただ驚くのみである。

 しかしただ驚くだけでよいのだろうか。こうした作品を詳しく分析できれば、これらの作品を受け入れてきた観客の心理に近づくことができるのではなかろうか。なぜならば、作品を見て共感して、リピーターになっている人が多いということであろうから、そこには観客を引き付けるものがあり、観客はそこにのめり込み、魅せられている。魅せられるという状態にならなければ、二度三度観たいとは思わないだろう。もし魅せられる理由がわかれば、今の人々の心理がいくばくか理解できたことになるのではないか。

 これまでアニメーションの研究を続けてきて、キャラクターの特徴や

・・・・・・

《もっと読む 大ヒットアニメで語る心理学 はじめに》

|

« 紹介 中江桂子 著 『不協和音の宇宙へ――モンテスキューの社会学』 | トップページ | 新刊 村上克尚『動物の声、他者の声』 »

新刊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/65815145

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊 横田正夫『大ヒットアニメで語る心理学』:

« 紹介 中江桂子 著 『不協和音の宇宙へ――モンテスキューの社会学』 | トップページ | 新刊 村上克尚『動物の声、他者の声』 »