« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月28日 (月)

新刊 津田大介・小嶋裕一『[決定版]原発の教科書』

9784788515369

津田大介・小嶋裕一 編

[決定版]原発の教科書
――

A5変判並製360頁
定価:本体2400円+税
発売日 17.9.5

ISBN 978-4-7885-1536-9

見本出来ました。
9月1日配本、9月5日ごろ書店に並びます。

巻頭によせて

津田大介

 突然の連絡だった。2014年3月13日、筆者のメールボックスに経済産業省資源エネルギー庁原子力政策課からメールが届いたのだ。内容は「原子力政策の方向性について意見交換をしたいので、1時間ほど時間を取ってもらえないか」というもの。都合をつけてミーティングを設定すると、原子力政策課長がやってきた。当時は経産省が日本の中長期的なエネルギー政策の方向性を示す「エネルギー基本計画」の策定に向けて検討を進めている段階で、政府原案の一部が示された時期でもあった。

 彼らがメディアに出演している人間をピックアップして、自分たちの進めたい政策について「レク」(大臣やメディア向けの説明)を行う目的で来ることはミーティング前から容易に想像できた(実際に知り合いのメディア関係者にこの件について聞いてみたところ、原子力政策課が数十人単位でレクに回っていることが確認できた)。  彼らが持ってきた資料には、原発の総電力供給力が今後どうなるのか、時系列のグラフで示されていた。原発には40年(長くても60年)という「寿命」があり、

・・・・・・

《もっと読む [決定版]原発の教科書 巻頭によせて》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月25日 (金)

新刊 日本記号学会『セミオトポス12 「美少女」の記号論』

9784788515352_2

日本記号学会 編

セミオトポス12 「美少女」の記号論
――アンリアルな存在のリアリティ

A5判並製242頁
定価:本体2800円+税
発売日 17.8.31

ISBN 978-4-7885-1535-2

見本出来ました。
8月23日配本、8月25日ごろ書店に並びます。

刊行によせて

日本記号学会会長 前川 修

 日本記号学会は毎回、大会テーマとして「エッジな」テーマを議論している。今回選んだテーマは「美少女」である。美少女という記号、美少女という現象、それを真剣に考えてみた。あるときから美少女は巷に漏れ出している。たしかに以前から美少女という語はあったし、美少女と呼ばれる実在/非実在の例は無数にあった。だが以前とはどうやら少々違うこの記号、その蔓延はいったいどういうことなのだろうか。

 そもそも美少女とは誰なのか。

 過去から現在まで、美少女の例を数多く挙げることはできる。物語ならば、神話にはじまり、近代文学を経てラノベ(ライトノベル)にいたるまで、その歴史的展開をひとまずたどってみることができる。イメージならば、美少女をモデルにした絵画作品とか、少女のような映画女優とか、マンガやアニメの美少女キャラクターとかにいたるまで、無数の例をひとは思いつくだろう。あるいは芸能ならば、一九七〇年代以降、

・・・・・・

《もっと読む セミオトポス12 「美少女」の記号論 刊行によせて》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月23日 (水)

◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第172号■

2017年8月16日発行
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第172号■ +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

◇トピックス
__________________________________

書評/紹介

●「作られ提示された「国民精神」」、森正人著『展示される大和魂』 (四判並製、本体2600円)が7月24日付の読売新聞で著者とともに紹介されました。「大和魂」が創り出され、娯楽を通じて世の中に浸透していった過程を丁寧に分析した好著です。
http://shin-yo-sha.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/post-84aa-1.html

ほか書評
http://shin-yo-sha.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/post-84aa-2.html

●フェアのお知らせ  『ワードマップ 現代現象学』 刊行記念ブックフェアを紀伊國屋書店新宿店 3階にて開催いたします。フェア会場限定で、これを掲載した36頁のブックレットも配布いたします。

・開催期間: 2017年8月14日(月)から一か月ほど

・開催会場: 紀伊國屋書店新宿本店 3階 哲学思想書エンド台

・選書と解説:   植村玄輝、八重樫 徹、吉川 孝、富山 豊、森 功次、村田憲郎、小手川二郎、佐藤 駿、武内 大、宮原克典、新川拓哉、池田 喬、前田泰樹、葛谷 潤

・企 画 : 酒井泰斗(ルーマン・フォーラム) ・協 力 : 新曜社 8月14日開始初日で、30部ほど用意した『ワードマップ 現代現象学』はなくなり、100部のブックレットはなくなってしまったという波乱の幕開けです。ブックレットは200部追加しました。ぜひ足をお運びください。
詳細は→ http://shin-yo-sha.cocolog-nifty.com/blog/2017/08/post-47d5.html


●イベント 2017年8月26日-9月1日(金) ポレポレ東中野にて、映画「水と風と生きものと」がDVD化を記念して、上映いたします。生命誌の世界をさらに深く味わう短編2作品を上映、さらに夏休み「生命誌・親子ワークショップ」を開催します。詳細は→ http://www.shin-yo-sha.co.jp/pdf/mizutokazetoikimono.pdf 8月22日発売

------------------------------------------------------------------
『水と風と生きものと 中村桂子・生命誌を紡ぐ』DVD付 ──ドキュメンタリー映画の記録 ------------------------------------------------------------------

JT生命誌研究館 表現を通して生きものを考えるセクター 編 A5判変形並製192頁・本体3600円+税 ISBN 978-4-7885-1534-5 C1045 分野=生命科学・環境・映画・芸術 好評の映画がDVDブックに! 各地で上映を重ねている映画「水と風と生きものと」がDVDになり、本書に付属されました。映画では、「人間は自然の一部」と考え生命誌を提唱してきた中村桂子氏が、震災後の科学と文明を見つめ、人々と対話し、東北を訪れます。そして宮沢賢治の世界に目を向け、「?生きている?を大切にする社会」のための新たな知を、絵本編集者の末盛千枝子氏、風の彫刻家の新宮晋氏、民俗学者の赤坂憲雄氏らと探究していきます。本書にはシナリオや上映時のトークなども収録。文章と映像でお届けする「本当に命を大切にする」生き方へのメッセージです。

________________________________

◇近刊情報
_________________________________

9月上旬発売予定
------------------------------------------------------------------
『動物の声、他者の声』(仮) ──日本戦後文学の倫理 ------------------------------------------------------------------
村上克尚 著
四六判上製400頁・予価4200円+税
ISBN 978-4-7885-1537-6
C1090 分野=日本文学・現代思想

「動物」とは何か、戦後文学の「倫理」を問う 七〇年前の「大東亜」を呼号した戦争は自国はもとより東アジアと太平洋地域に多大の殺戮・破壊をもたらしました。その反省から戦後文学においても「人間性・主体性の回復」が叫ばれました。しかし(この)戦争そのものが、「人間の尊厳の名の下に」それを持たない存在を排除し殺害していくものだったとしたらどうなのでしょうか。「あいつらは人間ではない(動物と同じだ)」として暴力が横行する。そう考えて振り返ると、日本の戦後文学には動物の表象・声がいたるところに響いています。本書は特に武田泰淳、大江健三郎、小島信夫の作品を取り上げて、人間/動物の境界がいかに作られ、暴力の源となっているか、をたどり、クッツェー、アガンベン、デリダなども援用しつつ、「多様なものたちの共生」の道を探ろうとします。大型新人批評家の登場です。

◇奥付 ___________________________________ □電子メールマガジン:「新曜社<新刊の御案内> 」(不定期発行)
□HPアドレス http://www.shin-yo-sha.co.jp/
□blog:新曜社通信 http://shin-yo-sha.cocolog-nifty.com/
□twitterもよろしく:http://twitter.com/shin_yo_sha
□このメルマガは『まぐまぐ』を利用して発行しています。
□購読・解除・変更手続きは http://www.mag2.com/ より行って下さい。
□掲載された内容を許可無く転載することを禁じます。
□発行:株式会社新曜社
  営業部 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-9 第一丸三ビル 電話  
  03(3264)4973(代) FAX 03(3239)2958 e-mail info@shin-yo-sha.co.jp ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ 次回発行は2017年9月中旬を予定しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月22日 (火)

新刊 JT生命誌研究館『水と風と生きものと 中村桂子・生命誌を紡ぐ』

9784788515345

JT生命誌研究館・表現を通して生きものを考えるセクター 編

水と風と生きものと 中村桂子・生命誌を紡ぐ
――ドキュメンタリー映画の記録  DVD付

A5判変型並製192頁
定価:本体3600円+税
発売日 17.8.20

ISBN 978-4-7885-1534-5

見本出来ました。
8月18日配本、8月22日ごろ書店に並びます。

前口上

この作品について             藤原道夫[本作監督]

今日は、ようこそこの映画に足を運んで下さいましてありがとうございます。監督の藤原道夫です。この作品はおよそ三年をかけてつくりまして、今日、初めて皆さんに公開することになるわけです。中村桂子先生という希有な科学者、この先生の日頃の活動から広くは哲学までを描くなかなか難しい作品づくりでした。いろんなことを考えまして、いろんな風に迷いまして、今日の結果になりました。三八億年前に、いのちがぽつんと生まれたところから我々までつながっているという壮大な物語であるだけに、映像化するのも苦労しました。

 この映画は、こういう風に観なくてはいけないということや、こういうことを覚えて帰って欲しいという映画ではありません。ただ、いのちというものの在りよう、そして、私たちがこれからをどう生きていったら良いのかということに、ひとつ大きなヒントを投げかけてくれる映画にしたつもりです。考えることよりは、ぜひ感じて帰って頂きたい。どうぞよろしくお願いします。

[ポレポレ東中野 二〇一五年九月一二日初日上映前]


生命誌のお仲間と             中村桂子[本作主演・JT生命誌研究館館長]

 こんなに大勢の方に来て頂いてほんとうにありがとうございます。三年間、藤原監督がとにかく生命誌の仕事を追いかけるから、いつも通りにやってて下さいとおっしゃって、

・・・・・・

《もっと読む 水と風と生きものと 中村桂子・生命誌を紡ぐ 前口上》




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月14日 (月)

フェアのお知らせ 「いまこそ 事象そのものへ!」@紀伊國屋書店新宿本店

9784788515321のたび、新しい現象学の教科書

  植村玄輝・八重樫 徹・吉川 孝 編著
  富山 豊・森 功次 著
  『ワードマップ 現代現象学――経験から始める哲学入門』
 
をしました。
これを記念し、8/14(月)より紀伊國屋書店新宿本店にて「現象学ブックフェア」を開催します。
 
 



 『ワードマップ 現代現象学』刊行記念ブックフェア
  いまこそ事象そのものへ!─現象学からはじめる書棚散策
 
・開催期間: 2017年8月14日(月)から一か月ほど

・開催会場: 紀伊國屋書店新宿本店 3階 哲学思想書エンド台

・選書と解説:
  植村玄輝、八重樫 徹、吉川 孝、富山 豊、森 功次、村田憲郎、小手川正二郎、
  佐藤 駿、武内 大、宮原克典、新川拓哉、池田 喬、前田泰樹、葛谷 潤

・企 画 : 酒井泰斗(ルーマン・フォーラム)

・協 力 : 新曜社

Dscf5143_3

フェアでは、総勢14名の選書者により、

 ・本書で紹介されている現代現象学の方向性に即した書籍
 ・それとゆるやかに共鳴する現象学の現代的な展開を体現する書籍
 ・本書で紹介されている様々な事柄・論題に対する現象学的なアプローチを示す書籍
 ・20世紀において現象学と並行に展開してきた分析哲学の伝統に属し、
   現代現象学にインスピレーションを与えたり、現代現象学のライヴァルとなりうる書籍
200点以上を取り上げ、17項目にわたる解説文を加えました。

フェア会場限定で、これを掲載した36頁のブックレットも配布いたします。

Img_0813_3





 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 7日 (月)

新刊 小熊 英二『誰が何を論じているのか』

9784788515314

小熊 英二 著

誰が何を論じているのか
――現代日本の思想と状況

四六判並製554頁
定価:本体3200円+税
発売日 17.8.18

ISBN 978-4-7885-1531-4

見本出来ました。8月10日配本、
お盆明けの、8月17日ごろ書店に並びます。

読者の方々へ

 本書を手に取るのは、どんな人だろう。小熊英二という著者名にひかれた人だろうか。いわゆる「論壇」のマッピングに興味がある人だろうか。近年の時事問題に関心がある人だろうか。あるいはまた、本の編集や講演依頼の企画のために、いろいろな問題の専門家を把握しておきたいという人だろうか。

 目次をご覧いただければわかるように、本書に収録されているのは、さまざまな専門家たちが書いたさまざまな分野の論考にたいする私の論評だ。論評した論考の著者は六〇〇人を超え、あつかった分野も政治・経済・外交・軍事・歴史・法学・哲学など多岐にわたる。本書を通読すれば、あくまで私の視点を通じてだが、日本と世界の諸問題に関する一通りの知識と、専門家の位置取りがわかるだろう。

 私が本書に収録された論評を書いたのは、

・・・・・・

《もっと読む 誰が何を論じているのか 読者の方々へ》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 4日 (金)

お知らせ 新曜社 在庫状況 2017年10月

新曜社在庫情報(PDFファイル)

*PDF内表示、在庫僅少は2冊以下の書籍
*PDF検索はCtrlキー+Fキーで。
*毎月ですので、情報としては遅い場合もあるので、適宜、重版情報、品切れ情報などで対応します

続きを読む "お知らせ 新曜社 在庫状況 2017年10月"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »