« 新刊 信原幸弘『ワードマップ 心の哲学』 | トップページ | 書評 『第四の革命』@週刊読書人 2017年7月7日付掲載 »

2017年7月 4日 (火)

新刊 森岡正芳『物語としての面接 新装版』

9784788515338

森岡正芳 著

物語としての面接 新装版
――ミメーシスと自己の変容

四六判並製296頁
定価:本体2900円+税
発売日 17.7.10

ISBN 978-4-7885-1533-8

見本出来ました。
7月10日ごろ書店に並びます。

序文

 京都大学大学院教授・医博 山中康裕

 本書は、森岡正芳氏が、わが京都大学大学院教育学研究科に提出され、平成一一年一二月一五日の審査を通過した博士論文を骨子としている。その後さらに研鑽を加え、かつ幅広い読者にも読みやすいものとされたものである。たまたまその審査の際、私がその主査を努めたので、本序文を書く栄を担うこととなったものであろう。

 もとより、氏は京都大学文学部および京都大学大学院教育学研究科の出身であり、河合隼雄教授をはじめ筆者らの薫陶を受けられ、その後、天理大学、奈良女子大学などで教鞭を執られるかたわら、独自の研鑽の結果、本書をものされたものであり、氏の独創的な見解が随所に表れているものと言えよう。

 さて、本書で出発点となっているのは、「出来事や行動や関係が、面接の場で再現されることにより、それらの出来事や関係の表象が

・・・・・・

《もっと読む 物語としての面接 新装版 序文》

|

« 新刊 信原幸弘『ワードマップ 心の哲学』 | トップページ | 書評 『第四の革命』@週刊読書人 2017年7月7日付掲載 »

新刊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/65493283

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊 森岡正芳『物語としての面接 新装版』:

« 新刊 信原幸弘『ワードマップ 心の哲学』 | トップページ | 書評 『第四の革命』@週刊読書人 2017年7月7日付掲載 »