« ルチアーノ・フロリディ氏「親愛なる参加者と主催者のみなさん」 | トップページ | 紹介 『第四の革命』@「週刊ダイヤモンド」2017年5月17日付掲載 »

2017年6月15日 (木)

新刊 増田 裕美子『漱石のヒロインたち』

9784788515291

増田 裕美子 著

漱石のヒロインたち
――古典から読む

四六判上製264頁
定価:本体3200円+税
発売日 17.6.15

ISBN 978-4-7885-1529-1

見本出来ました。
6月19日ごろ書店に並びます。

はじめに

    夏目漱石について論じた本は数多く、百花繚乱の気味がある。もはや漱石については論じ尽くされたのではないかと思われるほどだが、奇妙なことに日本の古典文学と漱石作品のつながりを論じたものはほとんどない。漱石が日本の近代文学を代表する国民的作家ゆえであろうか。

 しかし漱石が日本語で書く日本人の作家である以上、日本文学の伝統と無縁であるはずはない。とくに考えたいのが漱石の生きた時代である。

 漱石は明治に改元される前年、慶応三(一八六七)年二月九日(旧暦一月五日)に江戸牛込で生まれている。それから大正五(一九一六)年十二月九日に亡くなるまでの約五十年間、日本は近代化しつつあったとはいえ、巷にあふれていたのは前近代的な文芸の数々である。ことに人々を惹きつけていたのが歌舞伎や浄瑠璃、落語といった類いのエンターテインメントであった。テレビもラジオもない時代、人々の娯楽は寄席や劇場で行なわれる口承的なものによるところが大きかったのである。

 漱石もさまざまな口承文芸に触れ

・・・・・・

《もっと読む 漱石のヒロインたち はじめに》

|

« ルチアーノ・フロリディ氏「親愛なる参加者と主催者のみなさん」 | トップページ | 紹介 『第四の革命』@「週刊ダイヤモンド」2017年5月17日付掲載 »

新刊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/65414073

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊 増田 裕美子『漱石のヒロインたち』:

« ルチアーノ・フロリディ氏「親愛なる参加者と主催者のみなさん」 | トップページ | 紹介 『第四の革命』@「週刊ダイヤモンド」2017年5月17日付掲載 »