« 新刊 李光鎬・渋谷明子『メディア・オーディエンスの社会心理学』 | トップページ | 記事 山本武利著『日本のインテリジェンス工作』@読売新聞 2017年4月1日付 »

2017年4月 6日 (木)

新刊 ルチアーノ・フロリディ『第四の革命』

9784788515222

ルチアーノ・フロリディ 著
春木良且・犬束敦史監訳/先端社会科学技術研究所訳

第四の革命
――情報圏(インフォスフィア)が現実をつくりかえる

四六判上製376頁
定価:本体3400円+税
発売日 17.4.10

ISBN 978-4-7885-1522-2

見本出来ました。
4月11日ごろ書店に並びます。

はじめに

この本は、デジタルICT(Information and Communication Technology:情報通信技術)が、我々の自己感覚や、互いの関係のしかた、我々を取り巻く世界を形づくりつつ関わっていくあり方に、どのように影響するかについて述べたものである。ナノテクノロジー、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)、ウェブ2・0、セマンティックウェブ、クラウドコンピューティング、モーションキャプチャーゲーム、スマホアプリ、タブレットとタッチスクリーン、GPS、拡張現実、人工知能コンパニオン、無人ドローン、無人自動車、ウェアラブルコンピュータ、3Dプリンタ、アイデンティティ窃盗([訳注1])、オンライン学習、ソーシャルメディア、サイバー戦争・・・、技術マニアも技術嫌いも、同じ質問をする。「次は何なんだい?」哲学者は、その背景についてあれこれ考える。これらのすべての現象を、一つの、マクロなトレンドの多様な側面として説明できるような、統合的視点を見つけ出すことができるだろうか? それに答えるのが難しいのは、まず我々が未だにICTを、外界と、そして我々相互が関わりあうためのツールだと

・・・・・・

《もっと読む 第四の革命 はじめに》

|

« 新刊 李光鎬・渋谷明子『メディア・オーディエンスの社会心理学』 | トップページ | 記事 山本武利著『日本のインテリジェンス工作』@読売新聞 2017年4月1日付 »

新刊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/65115073

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊 ルチアーノ・フロリディ『第四の革命』:

« 新刊 李光鎬・渋谷明子『メディア・オーディエンスの社会心理学』 | トップページ | 記事 山本武利著『日本のインテリジェンス工作』@読売新聞 2017年4月1日付 »